2005年11月27日

冬のオペラグラス・新田恵利

11月も残すところ数日となりました。
今月はブログの更新もサボり気味で、仕事も何も充足感のない1ヶ月でした。
そんな不完全燃焼の私に、冬はやってきました。
でも、年末まではなんとかやっていけるんです。
クリスマスまでのお祭り騒ぎや、正月前の非日常があるので、寒くても我慢できます。
正月明けが辛いのです。

さて、そんな嫌いな冬ですが、冬といえば「冬のオペラグラス」を忘れてはいけません。
今年はおニャン子20周年ですが、そのおニャン子での人気1,2の新田ちゃんのデビュー曲。
昭和61年の元日発売です。
はっきり言って、歌は上手くありません。
というより、声が悪いんだな、新田ちゃんは。
ベタベタな声をしているんで、たとえ音程を外さなくても、下手にしか聞こえないんです。

しかし、そんな下手さ加減が、今聴き直すといいんです。
最近の歌手で、あのように歌う歌手は皆無です。
あの、素人まるだしの歌が、今の世の中に”萌え〜”ですわ。
クラスの中では可愛いほうだけど、チョッと歌は・・・の女の子、今考えるだけで、メロメロになってしまいます。
おニャン子って、本当に身近に感じる女の子、というところが、40直前のおじさんを狂わせてしまうのです。

ということで、不調の11月でしたが、
♪ イェイイェイイェイ〜
  ウォウウォウ〜    ♪
と、少し音程を外しながら歌って、年末を乗り切ります。


posted by 中は切っても発出さん at 23:11| 岐阜 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

木枯しに抱かれて・小泉今日子

しばらく更新をサボっていました。
仕事も忙しかったので、忙しさにかまけていました。
気がつけば、すっかり晩秋となっていました。
暖房がなければ、辛い季節です。
外も風が冷たくて、営業さんには堪えます。

秋は好きではありません。
これから寒い冬を迎えるのかと思うと、気持ちがめいってしまいます。
木枯らしが吹き、私の心も寒くなります。

「木枯しに抱かれて」については、特に思い入れはありません。
当時、カラオケで女性は結構この歌を歌っていました。
さすがに最近では歌われているのを聞くことがありません。
しかし、当時の女性は、結構感情移入して歌っていました。
私は、この曲のカラオケの映像が、梅田の交差点だったということだけが、頭の片隅に残っているだけです。

posted by 中は切っても発出さん at 22:16| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ベンチャー経営論・柳孝一

最近話題を提供している、楽天、ライブドア等、ベンチャー企業の勢いは衰えていません。
私はかねてより、ベンチャー企業とは、オリジナルの技術やマネジメントを武器にしている企業だと考えております。
だから、新規に事業を起ち上げたとしても、他社の模倣であったり、単なる下請けではベンチャー企業とは呼ぶことができません。
そういった意味では、ソニー、ホンダ等は今では世界的な企業ではありますが、ベンチャー企業でしょう。
最近のトヨタも、ベンチャー企業的なところがあります。

本書は、そんなベンチャー企業を「四面体理論」により、多方面より分析を加えております。
第T面から第W面までの細かな分析は、ベンチャー企業を理解する上で、大変な助けになります。
リスクの高いベンチャー企業ですが、本書を参考にすれば、成功への確立は高くなるものだと考えます。
また、具体例も豊富であり、読んでいて納得のベンチャー解説書です。

私も、仕事柄ベンチャー企業の経営者と会う機会が多く、彼らの仕事への取り組み方を知る為の一助となる本です。
まだまだ、景気も冷えておりますが、元気のあるベンチャー企業が数多く生まれることを望みます。
そして、元気な日本にしたいものです。

posted by 中は切っても発出さん at 18:49| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ミキティ、TOYOTAへ

ミキティがTOYOTAへ就職するそうです。
地元企業でもあるので、それはそれでいいのですが、
最近、ここ数年来TOYOTAの戦略が変わりましたね。
以前は、ひたすら車を作って、売りまくっていましたが、
最近は、イメージ戦略に力点を置いていますね。
でも、オリジナリティが感じられず、とにかく目立つことを
しているだけの感じがします。
なにか、巨人を彷彿させます。
posted by 中は切っても発出さん at 13:16| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

信じられません・本田美奈子

本田美奈子さんが亡くなられました。
年初に白血病にかかっていることを公表し、闘病生活されていましたが、新しい年を迎えずに逝去されました。
本田美奈子といえば「1986年のマリリン」で、腰を振りまくっていたことや、「パパはニュースキャスター」の主題歌「One Way Generation」でステッキを振っていたことが忘れられません。

彼女は1985年デビューということで、同期は斉藤由貴、南野ちゃん、浅香唯のスケバントリオ、中山美穂、松本典子、佐野量子、そしておニャン子クラブとその一派ですね。
この年以降、ノリピー以外には80年代ではこれといったアイドルがデビューしてません。
まあ、80年代最後のアイドルの一人でしょう。

私は、マリリンの腰振りがあまりにも強烈だったので、それ以外はあまり覚えておりませんが、結構その後は舞台で活躍されていたようで。
今年はデビュー20年ということでしたが、非常に残念なことになりました。
ご冥福をお祈りします。合掌。

本田美奈子
posted by 中は切っても発出さん at 20:59| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

あー、楽器やりたい

念願のスウィングガールズをテレビで観ました。
ストーリーは置いといて、とにかくみんなで演奏する姿はいいですね。
ジャズでもロックでも吹奏楽でもいいけれど、とにかく合奏は好きです。
遠い昔に、ブラスバンド部に所属していましたが、それ以降みんなで楽器演奏する機会がないので、非常に憧れちゃいます。

話は変わりますが、我が県では、年に5,6回、青少年のためのコンサート「ホリデーミュージック」が開催されます。(子供無料、大人200円)
ピアノ、声楽、オーケストラ、ブラス等々色々な音楽を楽しめて、お得な催しです。
我が家では、なるべく行くようにしています。(なんせ安い)
嫁はピアノが好きだといいますが、私はやはり独奏よりも、合奏・合唱のほうが好きですね。
色々な楽器、パートが重なって、ハーモニーを奏でるのが好きなんです。

女子高生がジャズバンドという新鮮さもあり、この映画も結構楽しめました。
ウォーターボーイズといささか被ってしまいますが、とにかくみんなで一つのことをやる姿は、とてもいいものです。
あー、本当に楽器やりたくなってしまった私です。

posted by 中は切っても発出さん at 23:32| 岐阜 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

今日は何の日

本日BOOK OFFにて「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDを遅まきながら購入しました。
昨年の夏に、原作を読んで大泣きした私ですが、映画は観ていませんでした。
基本的に映画(ドラマ)は、原作を超えることができない、と思っていた私ですので、あまり期待はしていませんでした。
しかーし、またまた大泣きしちゃいました。
原作は、これから泣いてくださいよ、という流れなんですが、映画のほうはところどころでも泣けちゃいますね。
長澤まさみも良かったですが、大沢たかおがいいですね。(山崎務も相変わらずいい役ですね)
結構映画もいけるじゃん、とこの歳になって思ってしまいました。
これからは、映画も少しずつ観ていこうと決心する私です。

ところで、今日は何の日だと思いますか。
文化の日、それだけではありません。
実は(映画の中での)サクの誕生日です。
今日でサクは36歳になりました。
アキが死んでから19年の歳月が流れたのです。

ということで、またまたセンチになった一日でした。

posted by 中は切っても発出さん at 22:10| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ノーブルレッドの瞬間・国生さゆり

いやー、びっくりしました。
昨日の猪口さん。
入閣したことにびっくりじゃなく、あの青のドレスに度肝抜かされました。
なんでも、皇太子ご成婚の祝宴の時に新調したドレスだそうで。
テレビでドン小西が
「高貴なドレスだが、鹿鳴館の時代のドレス」
と酷評していました。

「こくひょう」といえば、「(いらんものは)こめひょー」じゃなく、「こくしょう」と強引に話をつなげます。
国生さんの歌にも、高貴な歌がありました。
「ノーブルレッドの瞬間」です。(あー、強引に話を持っていく)
やはり、ノーブルといえば赤です。
この歌確か、口紅のCMソングだった記憶があります。
ノーブルな歌も、国生さんのニワトリのクビを絞めたような歌声で、非常に・・・。

やはり古臭さを感じても、国生さんより猪口さんのほうがノーブルのような気がします。

posted by 中は切っても発出さん at 22:34| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。