2006年11月11日

もしもピアノが弾けたなら・西田敏行

今朝、オセロが司会の「知っとこ!」を観て、ゲストのアンバランスに驚き。
おっさんの中に巨人女が一人混じっているではあーりませんか。
巨人女は伊東美咲。
おっさん連中は、中尾彬、ざこば師匠、アリキリの石井、そして西田敏行。
確かに、伊東美咲もでかいが(171p)、おっさん連中も石井(157p)を筆頭に、ざこば、西田は160p台。
中尾彬は175pあるそうだが、伊東もヒールを履いている上に、顔が小さいため、実際の身長以上に高く見えてしまうので、巨人女になってしまいました。

何故、伊東みさきがこんな番組(失礼!)に出演しているのだろうと不思議でした。
と、考えていると、伊東と西田の二人が映し出されて、顔の大きさの違いに驚き。
伊東の顔は西田の半分以下ですね。
ということは置いておき、二人で出演ということは、映画(「椿山課長の七日間」)のPRみたいですね。

さて、西田敏行といえば、今となってはいい味を出せる役者さんです。
まあ、私が西田さんを見たのは、「三男三女婿一匹」というドラマで、情けない婿の役をやっていたのが最初だと記憶しています。
その後も、情けない路線で売り出しましたが、「いまやろーと思ってたのに、言うんだもんな〜」というトイレ洗剤のCMは、情けない路線の頂点でしょう。

役者としても一流ですが、歌手としても紅白歌手。
「もしもピアノが弾けたなら」は大ヒット曲ですね。
二枚目でもなく、不器用な生き方しか出来ないけれども、人間味を感じ、本当に好きになってくれる、そんな西田敏行がこの曲で確立したと思います。
武田鉄矢ほどヒステリックな熱さはないけれども、人と温かく接してくれるそんなイメージがあります。

と書きつつも、「白い巨塔」での財前の舅の役は、私は結構好きでしたね。
posted by 中は切っても発出さん at 19:53| 岐阜 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

多分生まれてはじめて・天使の卵

今日は休日出勤の振り替え休日を取りまして、平日ですがお休みでした。
そんな日の朝、新聞を見ていた私の目に入ったものは、「本日映画1000円」の文字でした。
毎月1日は映画1000円の日でしたね。
そういえば、先月も1日が休日だったので観にいきました。
ということで、せっかくの休日、映画を観にいくことにしました。

普段、映画を観にいくことなんて殆どない私です。
先月観た「涙そうそう」は、実は「ラストサムライ」以来の映画でした。
その上、一人で映画を観にいくなんて、多分生まれて初めてだと思います。
とういことで、以前より観に行こうか悩んでいた「天使の卵」を観にいくことに。
映画館へ行って愕然としました。
いくら平日とはいえ、1000円の日にこの映画を観ていたのは私を含めて八人。
最近日本映画が盛り返してきたといわれていますが、映画館の実情ってこんなもんなのかな。

さて、「天子の卵」の話。
うーん、やはり観ないほうがよかったかも。
以前も書きましたが、この原作のラストは、読んでいて涙が滝のように流れてきました。
しかし、映画を観てきても涙は流れず、消化不良って感じですね。
確かに小西真奈美は私のイメージとは違っていました。
少し薄っぺら過ぎるという感じですね。
自分の最愛の人が、気が狂って自殺してしまうまで何も出来なかった、という過去を持っている、重みが感じられません。
ただ、か弱い女性にしか見えませんでした。
でも、それ以上に違うものがあると思い、もう一度原作を読んでみました。

ストーリーは割合原作に近いものですが、決定的に違うのがラストですね。
映画では、歩太は春妃への思いがある程度吹っ切れるラストです。
しかし、原作では逆ですね。
近しい人の死は、当然悲しいものがあります。
しかし、時がたつにつれ、その人を忘れ、その人が想い出になっていきます。
原作では、そんな風にはなりたくない、絶対ならないだろう、という感じで結ばれています。(それが「天使の梯子」に繋がるのですが・・・)
映画では単なる恋愛ドラマに終わってしまっているのです。
その辺りが、映画を観て不満を感じた点なのです。

とはいうものの、映画では歩太の元恋人で、春妃の妹の夏樹を演じる沢尻エリカがよかったですね。
ストーリーも、原作以上に夏樹を軸にしています。
長澤まさみのような純粋な守ってあげたい的な少女ではありません。
本当に芯の通った、やさしい少女を演じています。
ビジュアル的にも長澤まさみより正統派ですね。
ということで、沢尻エリカを愛しく思える映画でした。
posted by 中は切っても発出さん at 23:57| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。