2007年03月05日

ばんばひろふみ VS 綿矢りさ

本屋にて久し振りに本を買いました。
一ヶ月以上買っていませんでしたので、売っている本も様変わりしていました。
で、購入したのが綿矢りさの「夢を与える」。
本の帯に「芥川賞受賞第一作」とありますが、何年前に受賞したのやら。

綿矢さんは大変筆の遅い方と聞いたことがあります。
にしても、「蹴りたい背中」から3年経過してます。
デビュー作「インストール」から6年。
当時高校生だった彼女ですが、早稲田在学中に一冊しか発表していません。
「インストール」は文藝賞、「蹴りたい背中」は芥川賞、とういことは「夢を与える」でもなにか賞を取ってしまうのでしょうか。

しかし、三年に一冊とは、ばんばひろふみのオリンピックヒットなみですよ。
あ、ばんばさんは売れないだけで、曲は出していましたね。

しかし、普通ならそんなに間隔をあけてしまったら、忘れられてしまうのに、綿矢さんは逆にそれが話題になってしまいます。
さて、ぼちぼちと読んでいきます。
感想はまた後日に。

posted by 中は切っても発出さん at 23:03| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。