2006年05月28日

一人の部屋・チューリップ

私の気になるブログの女性ブロガーさんのお話です。
彼女は、確か現在社会人二年目の方で、私が彼女のブログをはじめて訪問した時は、彼女はまだ大学生で卒論を書いている最中の様子でした。
若い女性なのですが、80年代の音楽に興味を持っているようで、私が喜びそうなアーティストのことを書かれていました。
そんな彼女も大学を卒業し、社会人となられました。
社会人となってからは、慣れない生活のためか、ブログがあまり更新されていませんでした。
しかし会社生活にも慣れたのか、一ヶ月ほど前からは時々ブログを更新しております。
最近、どうも彼氏としっくりいっていない様子です。
そんな彼女が、最近チューリップに熱くなっているようで、特に「一人の部屋」がお気に入りとのことです。

「一人の部屋」は、チューリップでも非常に初期の作品で、確か「心の旅」より古い曲だった記憶があります。
はっきり言って、知っている人はチューリップファン以外にはいないでしょう。
私も非常に懐かしくなって、10年以上ぶりにこの曲を聴いてみました。
恋愛初期の男の気持ちを歌ったもので、
「君がいない独りの部屋に戻ると、僕はもうどうしようもないよ。君といない一人の部屋なんてとってもつまらないよ。一緒に暮らしたいよ」
という感じの歌です。
女性ブロガーの彼女も、こんな気持ちになっているのでしょう。

この曲、詞もさることながら、メロディーが“チューリップ”らしい曲です。
ピアノの前奏で始まり、明確なベースライン、ビートルズを意識したと思われる安部さんのギターライン。
初期チューリップらしい曲です。
そして、なにより財津さんの力の入ったボーカルに、きれいなハーモニー。
チューリップって本当に当時の若者特有の、(いい意味での)モラトリアム臭がプンプンしており、そんなところが支持された理由なんでしょうね。
私も中学生から高校生の頃、チューリップに熱くなり、大学に入ったら、こんな学生生活を送ってやろう、と胸を膨らせていました。
しかし、時は流れ、いまや40歳を超えてしまって、すっかりあの頃の気持ちなんて忘れていました。
今日、久し振りにこの曲を聴き、懐かしくあの頃を思い出しました。
そして、久し振りにチューリップにはまってしました。
(また、39bonさんに笑われるな)
試聴はこちら


posted by 中は切っても発出さん at 22:47| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18522009

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。