2006年06月04日

わかって下さい・因幡晃

私の上司のお子さんが、この春大学に入学されました。
年が明けてから、お子さんの受験を非常に気にして見えました。
私は信じられませんでしたが、受験にも付き添いをされました。(お子さんは男の子です)
当然、入学式にも夫婦で出席されました。
子離れできてない親だなと思いました。

しかし、考えてみれば、大学入学というのは大きなターニングポイントで、この辺りから、子供の親離れが加速します。
それまでは、親のほぼ完全に監視下に置かれているのが、放置状態になるのも高校卒業がきっかけになります。
それがわかっているからこそ、私の上司は、親として最後に子供に付きっ切りになったのではないかと、最近思います。

私の子供はまだ小学生ですので、完全に親の管理化におかれています。
逆に管理下に置く義務があります。
毎日、勉強がやってないとか、部屋が汚いとか、母親に怒られています。
それに付き合わされる私も、たまったもんじゃありません。
正直、子供が鬱陶しいと感じる時もあります。

しかし、今子供が本当にいなくなったらどうでしょう。
自分の腹を痛めて生んではいない父親ですが、子供がいなくなる生活は考えれません。
そういえば、上の子供が生まれた後に、後輩の結婚式に出て、花嫁を見ていたら、自分の子供が嫁に行くことを思い、号泣したこともありました。

いずれ、子供も親から離れていくでしょう。
それは充分わかっています。
でも、親というのは、子供がいくつになっても、子供のことは忘れはしません。
子供の成長を見守っています。
だから、怒ったりもします。
たとえ私の元を離れても、子供の幸せを願っているのです。
そのことだけは、わかって下さい。

posted by 中は切っても発出さん at 23:19| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネタにしやすい歌のタイトル・・ということでしょうか?
お友だちとかぶるあたりなかなか
阿吽の呼吸ですね。(笑)

上がもう、来月で18歳になってしまうので
案外結婚なんて文字はもう
カウントダウンにはいってるのかもしれません。(!!)
なにせ中2から付き合いだして
正月は彼のとこで過ごす娘でして・・。
Posted by Ageha at 2006年06月05日 15:12
Agehaさん
今回は39bonさんとのコラボレート企画です。
ネタ元は同じです。
39bonさんのほうが、面白かったな。
流石!
Posted by 中は切っても発出さん at 2006年06月06日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。