2006年06月25日

スター誕生・ルー・フィン・チャウ

今回のW杯は、私はあまり期待していなかったので、予選敗退もあまりショックはありませんでした。
しかし、痛切に感じたのは、やはり日本は井の中の蛙だなということです。
ある記事に載っていましたが、日本のDFは一人も海外でプレーしていないとのこと。
だから、今回はDFの甘さが露呈して、勝つことが出来なかったと書いてありました。
DFだけでなく、本場の選手との運動能力の違いは、素人が見ていても一目瞭然でした。
やはり、外国人は凄いですね。

と、日本人はどうしても島国根性があるので、日本人対外国人という壁を心の中に持っています。
しかも、西洋に対しては畏怖の念を、東洋に対して侮蔑の念を持っているのではないのでしょうか。
アメリカに尻尾を振り、中国・韓国を刺激しているどこかの総理大臣はその典型でしょうね。
(ちなみに、だからといって、中国や韓国に媚を売れと言っている訳ではありません)

芸能界でも、どちらかというと、西洋人が日本で活動していると、日本に流れてきたのかというイメージがあります。
逆に、中国・韓国等のアジアの人が日本で活動しているのは、ステップアップのイメージがあります。
アジアの人は日本に憧れて、一山当てる気持ちで来た、という目で見てしまいます。

アジアからの芸能界デビューで、私が一番印象が残っているのがルー・フィン・チャウ。
ベトナム出身。
当時の大人気のオーディション番組「スター誕生」出身です。
予選の時から、ベトナムから武道館のステージに立つことを夢見て、この番組に応募してきました、をアピール。
見事合格。
そして、デビュー曲はズバリ「スター誕生」。
詞の内容も、ベタベタのスターを夢見てきた少女のストーリー。
当時、私はベトナムといえば、戦後間もない共産国家で、貧しい国というイメージしかありませんでした。
そんな国からご苦労さん、と子供ながらに思いました。

今ではベトナムも近代化が進んでいるようで、日本企業も結構進出しています。
あの頃の暗いイメージはさほど感じさせません。
私も一度本場の生春巻きを食べてみたいと思っています。
しかし、未だに私はベトナム人といえば、ベトちゃんドクちゃんと、ルー・フィン・チャウしか頭に思い浮かべることは出来ません。
結局、私は子供の頃からあまり進歩はしていないということです。



posted by 中は切っても発出さん at 21:52| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19844037

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。