2006年07月07日

栄光の巨人軍

また、負けましたね。
セ・パ交流戦や、サッカーW杯の陰に隠れて、怒涛の連敗街道まっしぐらだったようで・・・。
本当に思い切った改革をしないと、あの球団はダメでしょうな。
栄光の巨人軍と思っているようじゃ、立ち直ることは出来ないだろうな。
まあ、五年ぐらいじっくりチームを立て直して頂戴。
posted by 中は切っても発出さん at 00:01| 岐阜 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「思い切った改革」の具体案、何かないですか。
私は思いつかないんですけど。
Posted by 39bon at 2006年07月07日 07:01
39bonさん
フジテレビが、巨人戦の地上波放送を8月から止めるらしいですね。
はっきり言って、ペナントの結果も出ないうちから、巨人戦の放送がないなんて、昔では考えられませんでしたね。

このように、外部から巨人に対してプレッシャーを与えることが、治療のひとつだと思います。
あと、東京ドームが一時期のロッテのように、観客数2,000人となるのもいいんじゃないのでしょうか。

先日、ラジオの中継でデーブ大久保が、ドームのお客さんが早々と球場を後にする光景を見て、コンサートで最後まで見てもらえない歌手のようだ、と言っていました。
そして、歌手ならプライドが傷つくだろうと言っていました。
巨人の選手も、この光景を見て、傷つかなければ、プロじゃありませんよ。

ということで、私の思い切った改革とは、
@観客数やテレビ中継のことは、とりあえず考えない。(数年間は)
A完璧な出来高制にする。(過去の実績は考慮せず、年棒を決める)
Bそして、徹底的に選手を育成する。
C中途半端なプライドは捨てる。
まあ、巨人ブランドを捨て、とにかく人材育成をすることです。
Posted by 中は切っても発出さん at 2006年07月08日 22:39
今年は優勝すると思ったんですけどね。
けが人続出じゃしょうがないです。
主力と控えの力の差が思いのほかありましたね。
ちょっと若返りを急ぎ過ぎたのかもしれません。

※一軍半の選手を獲るのは止めてほしいけど外部からの補強自体には賛成です。
Posted by NUL at 2006年07月14日 07:19
NULさん
私も開幕当初の勢いからいったら、ぶっちぎりで優勝するかと思ったんですがね・・・。
はじめからドン尻なら諦めもつきますし、単に戦力が整っていないのだと思いますが、いくら怪我人が続出と言っても、あまりにも酷すぎます。
戦力以外に何か理由があるのではないのでしょうか?
Posted by 中は切っても発出さん at 2006年07月17日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20386362

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。