2006年09月09日

CHANCE!・白井貴子

どうも、ご無沙汰しておりました。
パソコンの調子がいまひとつなのと、プライベートで色々ありまして、更新をサボっていました。

40歳を過ぎると、仕事でも私生活でも色々問題が出てきます。
特に老人介護の問題は我々の世代の大きな問題です。
自分の親だから無碍なことは出来ないけれども、自分の生活を考えると非常に重荷になる、というのが現実でしょう。
私もこれまで自分ではいろいろ悩んでいて、いかに対処するかを考えていました。
しかし、あることをきっかけに色々な方と相談する機会を持つことができ、これまでと違った展開が進んでいます。
自分だけでは解決できないことはたくさんあることは知っているはずでしたが、今回やはりそんなことを忘れ内々で解決しようとしていた自分に反省しています。
たくさんの人、専門の人に相談すれば、道は開かれることを実感しました。

昨日、ラジオで白井貴子がゲスト出演していました。
デビュー25周年を迎えるとのことで、白井貴子&CRAZYBOYSとしてツアーを展開されるそうです。
確か、私の大学一年生の時の学祭のゲストが彼女でした。
ちょうど、「CHANCE!」が流行っていた頃でした。
ロックの中にも上品さがあり、POPだけれども軽くないというイメージの曲でした。

最近、自分の残りの人生が、見えてしまった気分でいました。
そして、少し投げやりな気分でいました。
しかし、人生でも仕事でも丁度折り返し点を過ぎた頃です。
自分だけで決め付けて諦めて、ため息をついているだけでは面白くありません。
介護の問題ではありませんが、自分で考えているだけでは、そのようにしか進みません。
どこに「CHANCE!」があるかわかりません。
♪ I'll take a chance tonight ♪
ですよ。
posted by 中は切っても発出さん at 10:26| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。