2006年09月25日

赤信号、みんなで渡れば怖くない

今日の新聞のテレビ欄の「スタ☆メン」に、”勝ち逃げ”団塊世代にツッコミ…甘過ぎた子育てとお得な年金・雇用に批判続出!?との見出しがあり、興味を持って見てみました。
私は、10年程前より、日本を悪くしたのは団塊の世代であると考えています。
それ故に、今日の番組は非常に期待していました。
宮崎哲也や太田光といった、私と同世代の人間が、いかに団塊の世代に突っ込むか、楽しみにしていました。

しかし、対する団塊の世代が、管直人、メタルカラー山根、エモヤンでした。
この人たちどちらかといえば、団塊の世代の異端児でして、当然ながら議論は熱くならず、残念でした。
番組の中でインタビューされた、一般団塊世代のおっさんを呼べば、けちょんけちょんに宮崎たちに斬られていたと思われるだけに、番組的には面白くありませんでした。

番組の中で、団塊の世代の名付け親である堺屋太一が
「団塊世代の前の世代が、戦後の新社会を切り開き、団塊世代はそれを見ながら生きてきた」
と言っていました。
まさしくその通りでして、団塊世代は前世代が考えたことの単なる実行部隊だったのです。
団塊世代は人数が多いため、実行部隊には適任です。
同世代が多いから、非常に強力なパワーがあります。
例えそれが間違ったことでも、力で進んでしまいます。

前世代が、安保闘争をしましたが、団塊世代はそれを真似するだけで、あまり深い思想はなく、全共闘世代となりました。
だから、あっさり”髪を切って”社会人になることが出来たのです。
団塊世代は、前世代が築いた成長路線を、ただがむしゃらに進んだのです。

今、団塊世代に自分の送ってきた人生について、褒めるものはいても反省する人は少ないでしょう。
同世代はほぼ同じ路線を歩んできたからそれも仕方ありません。
結局彼らは”赤信号、みんなで渡れば怖くない”人生を送ってきたのでしょう。 
posted by 中は切っても発出さん at 00:40| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかじとルリルリと高橋美枝がブログトップを飾る
我々の世代もあんまり人のこと言えないんじゃないの。
まあ、言うのはタダだからいいか。
Posted by 39bon at 2006年09月25日 23:25
39bonさん
我々の世代は、なかじのこともルリルリのことも、
そんなことなかったかのように今を生きていらっしゃる方が多いのでは・・・。
そんな大人にはなりたくないよう!
Posted by 中は切っても発出さん at 2006年10月01日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24374214

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。