2006年10月01日

涙そうそう・森山良子

近頃歳をとったせいか、涙もろくなってきています。
恋愛小説を読んでは泣き、スポーツ中継を見ては泣き、訃報を聞いては泣いています。
これまでも書いていますが、小説などは、ここから泣いてくださいよ、と作者のシグナルを感じては、泣いてしまいます。
若い頃は、逆に反感を感じて、わざと冷めた目で接していました。
しかし、反抗する気力もなくなり、製作者側の思うがままに、涙を出しています。

さて、TBSの策略に我が家の娘がはまり、久し振りに映画を見に行きました。
「涙そうそう」、題からして涙ぽろぽろですね。
妻夫木君に長澤まさみ、今回は妻夫木君が死んで、長澤まさみが残される、「セカチュウ」と逆ですね。
妻夫木君かわいいですね。
こんな青年いたら、男からでも惚れちゃいますね。
相変わらず長澤まさみもいいですね。
この子って、何気ない仕草がとてもおじさんの心を熱くさせるんです。

なのに、何故か涙が流れませんでした。
映画館という公衆の面前で、涙を流すなんて、まだまだ男を捨てていないのでしょう。
これが、一人でこっそり見ていたのなら、涙が流れたのかも。
でも、クライマックスのシーンより、冒頭の子供の頃のシーンのほうが目頭が熱くなったのですけどね。

ところで、涙そうそうとは涙がとめどなくぽろぽろ流れる、という意味ですが、しからば「思いでぼろぼろ」は「思い出そうそう」なのだろうか、としょうもないことを思った私です。
posted by 中は切っても発出さん at 20:33| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『涙そうそう』鑑賞!
Excerpt: 『涙そうそう』鑑賞レビュー! TBSテレビ放送開始50周年記念作品 2006年9月30日 全国東宝邦画系にてロードショー 製作国::::日本 上映時間::::118m..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-10-01 21:03

映画「涙そうそう」の長澤まさみの…
Excerpt: ←応援御願いします。 1日で映画の日だし 秋だし 泣きたい。 ということで 観てきました。 「涙そうそう」 いやー。 話がうんぬんとか そういうのはおいといて..
Weblog: 末っ子長女にしえみのイラスト日記
Tracked: 2006-10-03 00:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。