2006年11月11日

もしもピアノが弾けたなら・西田敏行

今朝、オセロが司会の「知っとこ!」を観て、ゲストのアンバランスに驚き。
おっさんの中に巨人女が一人混じっているではあーりませんか。
巨人女は伊東美咲。
おっさん連中は、中尾彬、ざこば師匠、アリキリの石井、そして西田敏行。
確かに、伊東美咲もでかいが(171p)、おっさん連中も石井(157p)を筆頭に、ざこば、西田は160p台。
中尾彬は175pあるそうだが、伊東もヒールを履いている上に、顔が小さいため、実際の身長以上に高く見えてしまうので、巨人女になってしまいました。

何故、伊東みさきがこんな番組(失礼!)に出演しているのだろうと不思議でした。
と、考えていると、伊東と西田の二人が映し出されて、顔の大きさの違いに驚き。
伊東の顔は西田の半分以下ですね。
ということは置いておき、二人で出演ということは、映画(「椿山課長の七日間」)のPRみたいですね。

さて、西田敏行といえば、今となってはいい味を出せる役者さんです。
まあ、私が西田さんを見たのは、「三男三女婿一匹」というドラマで、情けない婿の役をやっていたのが最初だと記憶しています。
その後も、情けない路線で売り出しましたが、「いまやろーと思ってたのに、言うんだもんな〜」というトイレ洗剤のCMは、情けない路線の頂点でしょう。

役者としても一流ですが、歌手としても紅白歌手。
「もしもピアノが弾けたなら」は大ヒット曲ですね。
二枚目でもなく、不器用な生き方しか出来ないけれども、人間味を感じ、本当に好きになってくれる、そんな西田敏行がこの曲で確立したと思います。
武田鉄矢ほどヒステリックな熱さはないけれども、人と温かく接してくれるそんなイメージがあります。

と書きつつも、「白い巨塔」での財前の舅の役は、私は結構好きでしたね。
posted by 中は切っても発出さん at 19:53| 岐阜 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の書いたネタは、かぶらないように
心がけましょう。

2005年06月22日
もしもピアノが弾けたなら・西田敏行
セレブの仲間入りを果たしたものの、再び負け犬に逆戻りの可能性が大の杉田かおるさん。
そんな杉田さんが西田敏行の娘だった、「池中玄太 80キロ」。
その主題歌がこの曲です。
私の友人BENさんは、いつもこの曲を聞くと、
「俺はこの曲がB面だったときにレコードを買った」
と自慢しました。
レコード業界ではたまにありますが、元々B面だった曲が評判がいいためA面になってしまうことがあります。
この曲もそうだったそうです。。(略)
Posted by 39bon at 2006年11月12日 23:47
ところで、オセロって面白いんでしょうか。
たぶん、関西より、関東の方が評価が高いタレントだ思うのですが。
Posted by 39bon at 2006年11月13日 07:05
39bonさん
やはり、被っていましたか。
そんなような気はしていましたが、最近は調べるのも面倒になってしまいました。
まっ、私の頭の中は、20年前から止まっているので、同じネタが被ってしまいます。

ところで、私はオセロが漫才をしているところは記憶にはございません。
まあ、ある程度安心できる仕切りが出来る中島さんと、適度なボケの松島さんのコンビは、使いやすいんでしょうね。
Posted by 中を切っても発出さん at 2006年11月13日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27255281

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。