2007年01月16日

絶対、最強の恋のうた・中村航

数少ない、我が母校の有名人、中村航の新作です。
相変わらず、普通の若い人の普通のお話なのですが、なんとなく引き込まれていきます。
どこにもいそうな学生が、大学生の時にこんな感じで恋愛をしていきます、という感じのお話。
でも、これって今の大学生はこんな故意はしないのではないのかな。
私らの世代の学生の感覚でしょう。

ところで、主人公の高校時代の英語の先生が登場します。
Z子(ズィーコ)こと大橋随子先生ですが、この先生は実在の人物です。
かなり、教え方にくせのある先生として登場しています。
実物もかなりインパクトのある先生です。
本作では書かれていませんでしたが、私が忘れられないこの先生の口癖は、
>イーザー若しくはアイザー、間違ってもエイザーと発音しないように
でした。
中村さん、次回はこの先生をメインに取り上げてください。

posted by 中は切っても発出さん at 23:48| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久方ぶりのコメントです。Z子先生、私も教えてもらいました。小説のモデルになるなんてさすがですよね(本人はご存知なのかな?)。名前とその存在感は圧倒的でしたねぇ。今も某高校で教えてらっしゃいますよ。だいぶんアクが抜けたようですけど。
Posted by よねぴぃ at 2007年01月29日 03:55
返事遅くなりましてスミマセン。
私の母校も、当時は呑気な雰囲気でしたが、噂によると今では結構受験勉強に熱心との事。
昔はそれこそ自己責任で、浪人しようがどうなろうが、学校はノータッチという感じがありました。
先生もZ子先生他、個性派が多く、よかったと思いますよ。
Posted by 中は切っても発出さん at 2007年02月24日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31535021

この記事へのトラックバック

「絶対、最強の恋のうた」 中村航 2007-052
Excerpt: 「絶対、最強の恋のうた」読了しました。 こちらをもって中村航氏の既刊分を読破いたしました。 この空気感、良いですね。 amazonリンク 中村 航 絶対、最強の恋のう..
Weblog: 流石奇屋〜書評の間
Tracked: 2007-04-29 15:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。