2007年03月04日

春なのに・柏原よし恵

80’アイドルおたくおやじの私ですが、彼女はどちらかといえば、”NO THANK YOU”のアイドルです。
確か15才でデビュー(松田聖子と同期のはず)しましたが、若さが感じられない、キャピキャピ(死語)というより妙な色気を醸し出している感がありました。

しかし、この歌は今でもこの季節になると頭の中に流れてしまいます。
中島みゆきの作品ですので、それなりの曲です。
作品も優れていますが、この曲が柏原よし恵の曲の中で一番自然な曲なので今でも忘れないのでしょう。

この曲は彼女の高校の卒業に時期をあわせています。
ということは、彼女と同い年の私も卒業の年です。
まあ、自分の思いと重なってしまうことも、この曲を忘れない一因なんでしょうが・・・。

♪ 流れる季節たちを ほほえみで 送りたいけど ♪
流れる季節とは上手い表現をしますね。
しかも、”たち”と複数形、季節感を感じさせながらも、学生時代の思い出を表しています。

♪ 記念にください ボタンをひとつ ♪
このフレーズが有名ですが、二番の歌詞です。
今でもそんな習慣は残っているのでしょうかね。

前にも書きましたが、私は高校の卒業式なんて、進路未定のまま迎えまして、とてもセンチな気分にはなっておれませんでした。
あれから23年。
柏原さんも私も40過ぎちゃいましたよ。
posted by 中は切っても発出さん at 00:16| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35157139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。