2005年08月12日

マジメまして・逸見政孝

20年前の今日、御巣鷹山の日航機事故が発生しました。
坂本九はじめ500人以上の方が亡くなりました。
ダッチロール状態の中、家族に遺書を書いた方もいました。
どんな気持ちで書いたのかと思うと、今でも胸が詰まります。
そんな中、奇跡的に助かった川上慶子さん。
自分が死ぬかもしれないと思いながらも、助かった彼女。
そんな彼女は誰よりも、生きるということ、命の尊さを知っているでしょう。

20年前のこの事件を最初に知ったのは、「夕やけニャンニャン」の中ででした。
「夕ニャン」の逸見さんのニュースコーナーで、日航機が行方不明になっていると報じていました。
そんな逸見さんも亡くなられました。
彼の癌告白の記者会見を見たときも、私は胸が詰まりました。
死が迫っている中、それでも一所懸命生きようとする逸見さん。
「マジメまして・逸見です」なんて本を出しましたが、生きることに真面目だったのでしょうね。

今年は戦後60年です。
戦争の是非はともかく、人の命は限りあるものです。
人生は一度しかありません。
私もいずれ死んでいくのでしょう。
その時に、我が人生に悔いはなし、と思える人生を送れたらいいなと思います。
(悔いなく生きるという意味で)真面目に生きて生きたいと思う、盆前の私です。

posted by 中は切っても発出さん at 21:36| 岐阜 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>20年前のこの事件を最初に知ったのは、「夕やけニャンニャン」の中ででした。
「夕ニャン」の逸見さんのニュースコーナーで、日航機が行方不明になっていると報じていました。

ホントにそうでした。
「夕ニャン」でしたね。
思い出しましたよ!
それから、ずっと報道特別番組でしたね。
Posted by オランダの薔薇 at 2005年08月12日 22:22
>この事件を最初に知ったのは、「夕やけニャンニャン」の中ででした

この時点で、真面目に生きることは諦めた方がよいと思います。
Posted by 39bon at 2005年08月13日 01:22
オランダの薔薇さん
神戸の大震災のニュースは、私はTBSの「あなたにオンタイム」で知りました。
最初は、被害状況が把握できず、地震のニュースの後に、地元ニュースで男性のシンボルを祀っている神社のニュースを放送していました。
大事件の第一報ってこんなもんなんでしょうね。

39bonさん
今でもマジメに不真面目な人生を送っています。
Posted by 中は切っても発出さん at 2005年08月13日 14:37
BNを読み返していてこの記事を見つけました。

御巣高山のこの事故、実は機内で遺書を書かれた方の息子さんが私の中学時代からの友人です。当時クラスでの彼の様子を今であれからもう20年」と普通に会話していたのですがも覚えています。去年飲んだとき、「、そういう域に至るまでいろんな気持ちがあっただろうという思いで印象的でした。
Posted by 西沢知樹 at 2006年03月10日 10:48
西沢さん
機内で遺書を書いていた話については、今でも考えさせられます。
自分ならそのような行動がとれるのだろうか。
私はパニクッて死んでいくのじゃないでしょうか。
そんな人の息子さんは、我々とは違った人生観を持ち、しっかりと生きていらっしゃるんでしょうね。
Posted by 中は切っても発出さん at 2006年03月19日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

御巣鷹山は20年ですね。
Excerpt: 日航機事故 竹中直人主演で再現ドラマ (スポーツニッポン) - goo ニュース 原爆から60年と思ってましたが、これは20年でしたね。 戦争経験がない私にとっては、御巣鷹山の方が現実の問題です。 ..
Weblog: ブログであそぼ。
Tracked: 2005-08-12 22:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。