2005年07月04日

ディズニーランドの工夫

とある会社の社長が、ディズニーランドへ研修に行きました。
顧客サービスの研修だそうで、ディズニーランドがゲストに対して様々な工夫を凝らして迎えているかを学ぶものだったそうです。
その一つにワールドバザールの話がありました。
ワールドバザールの建物は、入口付近は2階建てで、シンデレラ城に向かっていくと3階建てになっているそうです。
とはいっても、建物の高さは同じで、階数だけが2階建てから3階建てになるそうです。
これは遠近法を利用したもので、そうすることにより入口から入ってきたゲストが見たランド内が広く見えるそうです。

その他いくつもの工夫を凝らし、ゲストに楽しんでもらっているそうです。
さすがはディズニーランドと感心させられます。
posted by 中は切っても発出さん at 23:03| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ディズニーリゾート見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

ディズニーパレードとマツケンサンバ

私は、クルクル回る系のアトラクションが全くダメです。
前回行った時に”スペースマウンテン"に乗りましたが、途中で降ろしていただきたいほどでした。
当然、今回はトゥモローランドには行っていません。
ディズニーランドで好きなのは、パレードですね。
今回夜のパレードは見ませんでしたが、昼のクリスマスパレードは見ました。
ミッキー、ミニー等のキャラクターはじめ、年齢不詳のお姉さんたちが、笑顔を振りまき踊っていくのが、見ているだけでも非常に楽しく感じます。
できればパレードに参加したいと思います。
人間って多くの人が踊ったりしてパレードしていくことが、見ることも参加することも好きですね。
阿波踊りも見ていても楽しいが、参加することもより楽しいでしょう。
”踊るあほうに 見るあほう 同じあほなら 踊らにゃ 損々”ですね。

話は変わりますが、今年の紅白の件で、盥アットマークさんから素敵なコメントを頂きました。
>マツケンが大トリで登場!出場者全員&審査員全員&抽選で幸運にも観覧券が
 当たった(中にはNHKのワイロとして入手した)会場客全員で、
 今年は蛍の光の替わりにマツケンサンバで狂喜乱舞、そのまま浅草までパレード!
大賛成!
ペ・ヨンジュンもファンのおばさん軍団も、ナベツネもほりえもんも、ディズニーのカウントダウンの前にミッキーもミニーも、小泉さんも岡田さんも、えーいついでにブッシュもフセインも金正日もヴィンラディンも世界中みんな(時差があるから無理か)年越しはマツケンサンバでパレードだ!
みんなでパレードして、108つの煩悩を落として新しい年を迎えようじゃありませんか。
きっとよい年になるでしょう。

マツケンサンバ
posted by 中は切っても発出さん at 18:40| 岐阜 ☀| Comment(7) | TrackBack(2) | ディズニーリゾート見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

ディズニーのクリスマス

今回ディズニーリゾートに行った大きな目的は、”クリスマスパレード"を見ることでした。
ただでさえ、ディズニーリゾートってファンタジーな世界なのに、+クリスマス。
心がわくわくしてしまうおじさんです。

日本人にとって、クリスマスは”お祭”の一種だから、単純に楽しむことが出来るんですね。
私が若かりし頃は、そりゃもうクリスマス前になると、日本中がこの一大イベントに熱くなってしまっていました。
プレゼントだの、ディナーだの、あまり興味のなかった私でさえ、心が躍るものでした。
まあ、今はあのときほど世間も熱くはなっていませんが、それでもこれから1ヶ月は街中”クリスマス"でしょう。
クリスマスを好きな人と過ごせればいいんでしょうが、年末ゆえになかなか忙しくて予定がたちません。
クリスマスを家族で楽しめることが、一番幸せなんでしょうね。


※山下達郎「クリスマスイブ」のMIDIをこちらで聴けます。
posted by 中は切っても発出さん at 22:30| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ディズニーリゾート見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

恐るべしベビーカー軍団

今回、人の多さにも驚きましたが、中でもベビーカーの多さにはビックリしました。
子供向けのアトラクションの前には、ベビーカーが所狭しと並んでいました。
キャストの教育が行き届いているので、整然とベビーカーが並んでいて、圧巻。
ベビーショップの何倍ものベビーカーが並べられています。

しかし、ベビーカーに乗るような子供が、ディズニーランドに来てその良さがわかるとは思えません。
子供にしてみれば、近所の遊園地のメリーゴーランドも、ディズニーランドのメリーゴーランドも、面白さはさほど変わらないのではないでしょうか。
なのに、大挙してベビーカーがやってきます。
どう考えても、親が来たいから仕方なく子供も連れてきているとしか思えません。

ベビーカーは場所もとるので、結構邪魔になってしまいます。
まあ、ディズニーランドとしても来る者拒まず(拒めない)でしょうから、仕方がありません。
しかし、連れてこられる子供も、疲れるだけじゃないのでしょうか。
ディズニーランドと遊園地の区別がつくようになってから、子供を連れてきたほうがよいと思いました。
posted by 中は切っても発出さん at 21:16| 岐阜 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ディズニーリゾート見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

キャストの笑顔を見れない私

パーク内を歩いていると、キャストが至る所にいます。
案内係のキャスト、掃除係のキャスト、アトラクションのキャスト、と色々なキャストがいます。
彼らは皆、笑顔、笑顔で我々ゲストを迎えてくれます。
実は、あの笑顔に少し戸惑ってしまいます。

キャストと目が合うと、必ず彼らは笑顔、そのうえ手まで振ってくれたりします。
ディズニーになれていない私、彼らの行動に対して、どのように振舞っていいのか分からないのです。
無視するのもキャストに対して失礼だし、手を振り返すのかな、同じように笑顔をお返しするのかな、と考えてしまいます。
特に、女性のキャストに対しては、テレが発生してしまいます。

よく考えれば、彼らはそれが仕事だから、別に私に特別な感情を持って接しているわけではないので、適当に笑顔を返せばいいのです。
しかし、悲しいかなおじさんは、自然にそれが出来ない。
ミッキーやプーさんには、笑顔で手が振れるのに、生身の女性には何故か意識してしまうのです。
子供のように、素直になりたいと思った私です。
posted by 中は切っても発出さん at 20:18| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ディズニーリゾート見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなに人がどこから湧き出てくるの?

行ってきました、東京ディズニーリゾート。
木曜日の夜、車で出発、金曜日に1泊して、土曜日夜再び車で帰ってくるという、少々ハードな旅でした。
そこで、今回の旅で思ったことを書いていきます。

第一回は「こんなに人がどこから湧き出てくるのか」。
11月14日は、土曜日だったせいか、茨城県民の日のためなのか、ディズニーランドは人、人、人、…。
田舎者の私にすれば、「どっからこんなに人が集まるの?」と思ってしまいました。
どう考えても、私の住んでいる町民全員集めても、こんな数にはならないだろうという人。
人口密度が異常なくらい大きくなっていました。

人気アトラクションは、スタンバイだと3時間待ち!!!
とてもじゃないが、FPを上手く利用しなければ時間がもったいない。
普段だと人気のないアトラクションでも、30分以上の待ち時間でした。
それに、ポップコーン買うのに長蛇の列。
もう一つ驚いたのが、男子トイレに列が出来ている。
今までの人生の中で、男子トイレに列が出来ることなんて、初体験です。

前回、初めてディズニーランドへ行った時は、平日の雨だったせいか、殆どのアトラクションが待ち時間なしだったので(まあ、それも特別ではありますが)、今回人の多さにはビックリしてしまいました。
確かに、日本一のレジャー施設なので、当然といえば当然のことなのでしょう。
新潟県の地震の被災者の方には申し訳ありませんが、日本にはまだこれだけの平和な人がいるのだなと感じ、少し安心してしまいました。
posted by 中は切っても発出さん at 15:34| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ディズニーリゾート見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。