2006年09月25日

赤信号、みんなで渡れば怖くない

今日の新聞のテレビ欄の「スタ☆メン」に、”勝ち逃げ”団塊世代にツッコミ…甘過ぎた子育てとお得な年金・雇用に批判続出!?との見出しがあり、興味を持って見てみました。
私は、10年程前より、日本を悪くしたのは団塊の世代であると考えています。
それ故に、今日の番組は非常に期待していました。
宮崎哲也や太田光といった、私と同世代の人間が、いかに団塊の世代に突っ込むか、楽しみにしていました。

しかし、対する団塊の世代が、管直人、メタルカラー山根、エモヤンでした。
この人たちどちらかといえば、団塊の世代の異端児でして、当然ながら議論は熱くならず、残念でした。
番組の中でインタビューされた、一般団塊世代のおっさんを呼べば、けちょんけちょんに宮崎たちに斬られていたと思われるだけに、番組的には面白くありませんでした。

番組の中で、団塊の世代の名付け親である堺屋太一が
「団塊世代の前の世代が、戦後の新社会を切り開き、団塊世代はそれを見ながら生きてきた」
と言っていました。
まさしくその通りでして、団塊世代は前世代が考えたことの単なる実行部隊だったのです。
団塊世代は人数が多いため、実行部隊には適任です。
同世代が多いから、非常に強力なパワーがあります。
例えそれが間違ったことでも、力で進んでしまいます。

前世代が、安保闘争をしましたが、団塊世代はそれを真似するだけで、あまり深い思想はなく、全共闘世代となりました。
だから、あっさり”髪を切って”社会人になることが出来たのです。
団塊世代は、前世代が築いた成長路線を、ただがむしゃらに進んだのです。

今、団塊世代に自分の送ってきた人生について、褒めるものはいても反省する人は少ないでしょう。
同世代はほぼ同じ路線を歩んできたからそれも仕方ありません。
結局彼らは”赤信号、みんなで渡れば怖くない”人生を送ってきたのでしょう。 
posted by 中は切っても発出さん at 00:40| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

栄光の巨人軍

また、負けましたね。
セ・パ交流戦や、サッカーW杯の陰に隠れて、怒涛の連敗街道まっしぐらだったようで・・・。
本当に思い切った改革をしないと、あの球団はダメでしょうな。
栄光の巨人軍と思っているようじゃ、立ち直ることは出来ないだろうな。
まあ、五年ぐらいじっくりチームを立て直して頂戴。
posted by 中は切っても発出さん at 00:01| 岐阜 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

本を買うならBOOK OFF

BOOK OFFの新社長に、清水国明のお姉さんが就任するそうで。
BOOK OFFはここ二、三年大変お世話になっています。
以前は中古の本やCDなんて、どこか拒絶するものがあり、ほとんど利用はしていませんでした。
しかし、我が家の経済事情もあり、また、乱読を最近するようになり、今ではヘヴィーユーザーになっちゃいました。

BOOK OFFのいいところは、その商品の商品価値は、BOOK OFFに売りに出した日が基準となるので、(マニアにとって)欲しい商品が100円にて購入が出来ることがあります。
特に写真集なんて、こんな高価本が500円なの!ていうこともたまにあります。
今後とも、精一杯利用させてもらいます。
posted by 中は切っても発出さん at 00:08| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

踏み倒し

漫画喫茶に一ヶ月寝泊り代金払わず
>岐阜北署は12日、岐阜市内の漫画喫茶で約1カ月間、寝泊まりし、
>利用代金を支払わなかったとして、詐欺の現行犯で住所不定、
>無職池田清志容疑者(37)を逮捕した。

私も時々漫画喫茶へ行きますが、一ヶ月の滞在は不可能です。
しかし、店員も代金をもっと早めに請求しなかったのですかね。
先日も、ボーリングの料金踏み倒し男がいましたが、世の中色々な人がいるのだなと感心した次第です。
posted by 中は切っても発出さん at 23:30| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

イラクの中心で何をさげぶ!

昨年、イラクにて取材中に銃撃され死亡した、フリージャーナリストの橋田さんの保険金の判決がありました。
裁判では、橋田さんは「保険金を支払わない免責事由として規定されている『武装反乱』によって生じた事故」で死亡したと判断され、保険会社を支持しました。
確かに、通常の保険は、戦争・内乱等が原因での保険金支払いは、免責事項となっています。
そういった意味では、橋田さんがたとえ武装勢力ではなく単なる強盗に殺されたとしても、それさえ判断できない国へ行ってしまったことが保険の免責事項になってしまうでしょう。

橋田さんの遺族は、保険金でフリージャーナリストのための基金を作る予定でした。
確かに、フリージャーナリストのための後ろ盾は必要でしょう。
ただ、現在その種の保険がない(あるのかもしれないが、今回は違った)からには、支払いを免責されても仕方がないでしょう。
それ以上に、フリーという仕事が、いかに組織に使い捨去れるのかということが問題です。
大組織も含めた、ジャーナリストの団体で、フリーの方を守ることが必要でしょう。
フリージャーナリストの鑑である、橋田さんもきっとそう叫んでいるのではないでしょうか。
posted by 中は切っても発出さん at 22:40| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

郵政民営化

ハッキリ言って、久し振りの先生方のフェスティバルです。
せいぜい目立って次の選挙に備えましょう。
posted by 中は切っても発出さん at 22:12| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

クールビズA

なんと我が職場も来週からクールビズを実施するらしいです。
どうせなら、カジュアルフライデーのほうがめり張りがあっていいのですがね。
今日はフライデー、ボーリングやって塩タン食って帰ります。
posted by 中は切っても発出さん at 15:06| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

倒錯した世界

児童買春で元教頭逮捕=16歳少年に6000円−現職当時に・愛知県警
私は女性の教頭かと思いましたが、男性でした。
>「18歳以下とは思わなかった」として容疑を否認している。
そんなことは問題ではないのでは。
まあ趣味の問題もありますが、玄人相手ならともかく、素人相手では問題大アリですね。
私には理解できない世界です。
posted by 中は切っても発出さん at 22:56| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

クールビスは定着するか

6月になりました。
6月といえば衣替えです。
最近は5月でも夏服の学生さんたちもいますが、我々の時代は6月を境に完全に服装が変わりました。
温暖化等の問題もあり、政府も6月から9月まで、ラフな格好を推進しています。
「クールビズ」と言うそうですね。
これを聞いて昭和を生きた方なら思い出すのが「省エネルック」。
羽田さんが未だにこの格好をしていますが、確か大平さんが総理大臣のときに提唱した記憶があります。
半袖のスーツなんて藤岡弘、探検隊のようで、当然ながら広まりませんでした。

確かに日本のビジネスマンは、季節お構いなしにスーツを着用しています。
環境問題じゃなくとも体が悪くなりそうで、この考え方は変えたほうがいいでしょうね。
しかし、日本のビジネス界は、というか日本の社会は、長年の習慣を変えることはとても難しいですね。
どうしても公式の場にはスーツ、ネクタイ姿になってしまいます。
10年程前、岐阜県では「カジュアルフライデー」を提唱しました。
私の職場でも一部採用されまして、私も金曜日にはスーツ以外で仕事をしました。
しかし、私の職場はネクタイは締めるようにとのことで、スーツの変わりにジャケットを羽織っているだけの格好になってしまいました。
まあ、あまり「カジュアル」ではありませんでしたね。
でも、「カジュアルフライデー」は当然金曜日=週末ですので、明日から休みだという開放感を持つことが出来て、私は好きでしたね。

結局我が社では定着はしなかったようですが、今でも役所では「カジュアルフライデー」を細々と実施しているようです。
今回の「クールビズ」は非常によいことであると思いますので、「省エネルック」や「カジュアルフライデー」の二の舞を踏まず、是非定着して欲しいものです。
posted by 中は切っても発出さん at 22:35| 岐阜 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

フィリピンに旧日本兵生存?!

フィリピンのミンダナオ島に、旧日本兵が生存しているとの情報が流れました。
ミンダナオ島なんて小野田さんの時以来に耳にする島です。
まだまだ戦争は終わっていないのですね。

我々サラリーマンもも一時期は企業戦士といわれました。
会社のために、己も捨てて命がけで働く姿は、旧日本兵そのものでした。
バブルもはじけ、日本人の意識も変わる中、会社のためではなく自分のために働き、その結果会社の利益が増える、というシステムに徐々に移行しています。
自分のやりたいことをやり、その結果会社が儲かる、なんて理想的でしょう。
本当は会社がそのようなシステムを作っているので、実はやはり会社の利益ありきのシステムなんでしょうが。

そんな今でも、時々”24時間戦えますか”的、会社人間も存在しています。
時には役員にもいたりして、大変時代錯誤も甚だしく、そんな会社は時流にも乗り遅れているのでしょう。
そんな彼らも、旧企業戦士の生き残りなんですね。
早く救出して、現実の世界に帰還していただきたいですね。
posted by 中は切っても発出さん at 09:35| 岐阜 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

年収100億円の世界

今年の長者番付のトップは、推定年収100億円のサラリーマンとのこと。
まあ、サラリーマンといっても我々とは違い、半ば個人事業主みたいな人ですけど。
球団から金はもらうがその人の実力で金額が変わってくる、プロ野球の選手みたいな人ですね。
ヘッジファンドにお勤めらしいですが、彼が顧客に対して儲けさせた金額が500億円。
金持ちはそれ以上に金持ちになるんです。
私もその10分の1でいいので、彼のように伸びる企業を見つけたいものです。
posted by 中は切っても発出さん at 23:31| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。