2007年02月25日

社会保険庁もリニューアルしなさい

リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。



父親が亡くなり、葬式はじめ忌明け法要等の他に、色々と役所関係への手続きが必要となりました。
死亡届は葬儀屋が手続きしてくれますが、その後の手続きの多いこと・・・。
今では殆ど手続きは完了しましたが、厚生年金がまだ完了していません。

一応決まりでは、年金の停止手続きは死亡後二週間以内にすることとなっていまして、私もすぐに手続きを開始しました。
まずは、社会保険事務所に電話を入れます。
私:父親が亡くなったので、年金停止の手続きを取りたいので、書類を郵送してください。
社:社会保険事務所に来てください。
必要書類を持って社会保険事務所へ出向くと、番号札をとり、待つこと一時間。
書類を完璧に持っていったので、手続き五分。
五分の為に一時間待ちですよ。

その時、社会保険事務所の職員の話では、12月分の年金がもらえるので、少しお待ちくださいとの話でした。
あれから1ヶ月半以上経過、保険も預金もその他もろもろもほぼ手続きが完了する中、年金の振込みが未だありません。
どれだけ時間がかかるんじゃ!

さて、しばらくブログを更新しない間に、Seesaaさんはリニューアルされましたようで。
社会保険庁も独立行政法人へとリニューアルする話も出ています。
しかし、このような体質ではJRのように完全民営化ぐらいにしないと、腐りきったままでしょう。
Seesaaさんはじめ、民間企業は顧客の為に本気でリニューアルをしているのです。
社会保険庁も民間企業のように、国民の為に生き返るつもりでリニューアルしてくださいよ。
posted by 中は切っても発出さん at 00:31| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

多分生まれてはじめて・天使の卵

今日は休日出勤の振り替え休日を取りまして、平日ですがお休みでした。
そんな日の朝、新聞を見ていた私の目に入ったものは、「本日映画1000円」の文字でした。
毎月1日は映画1000円の日でしたね。
そういえば、先月も1日が休日だったので観にいきました。
ということで、せっかくの休日、映画を観にいくことにしました。

普段、映画を観にいくことなんて殆どない私です。
先月観た「涙そうそう」は、実は「ラストサムライ」以来の映画でした。
その上、一人で映画を観にいくなんて、多分生まれて初めてだと思います。
とういことで、以前より観に行こうか悩んでいた「天使の卵」を観にいくことに。
映画館へ行って愕然としました。
いくら平日とはいえ、1000円の日にこの映画を観ていたのは私を含めて八人。
最近日本映画が盛り返してきたといわれていますが、映画館の実情ってこんなもんなのかな。

さて、「天子の卵」の話。
うーん、やはり観ないほうがよかったかも。
以前も書きましたが、この原作のラストは、読んでいて涙が滝のように流れてきました。
しかし、映画を観てきても涙は流れず、消化不良って感じですね。
確かに小西真奈美は私のイメージとは違っていました。
少し薄っぺら過ぎるという感じですね。
自分の最愛の人が、気が狂って自殺してしまうまで何も出来なかった、という過去を持っている、重みが感じられません。
ただ、か弱い女性にしか見えませんでした。
でも、それ以上に違うものがあると思い、もう一度原作を読んでみました。

ストーリーは割合原作に近いものですが、決定的に違うのがラストですね。
映画では、歩太は春妃への思いがある程度吹っ切れるラストです。
しかし、原作では逆ですね。
近しい人の死は、当然悲しいものがあります。
しかし、時がたつにつれ、その人を忘れ、その人が想い出になっていきます。
原作では、そんな風にはなりたくない、絶対ならないだろう、という感じで結ばれています。(それが「天使の梯子」に繋がるのですが・・・)
映画では単なる恋愛ドラマに終わってしまっているのです。
その辺りが、映画を観て不満を感じた点なのです。

とはいうものの、映画では歩太の元恋人で、春妃の妹の夏樹を演じる沢尻エリカがよかったですね。
ストーリーも、原作以上に夏樹を軸にしています。
長澤まさみのような純粋な守ってあげたい的な少女ではありません。
本当に芯の通った、やさしい少女を演じています。
ビジュアル的にも長澤まさみより正統派ですね。
ということで、沢尻エリカを愛しく思える映画でした。
posted by 中は切っても発出さん at 23:57| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

パソコンの調子が・・・

具合が悪いようで。
ただいま、メンテ中。
上手くいけばいいのですが・・・。
posted by 中は切っても発出さん at 01:31| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

健康バンザイ

今日は半日人間ドックへと行ってまいりました。
40歳も過ぎると、どこかは悪いところがあってもしかたない年齢です。
昨年は、健康診断で胃にポリープがあるらしいとのことで、再検査となりました。
結局は胃でなく、十二指腸に潰瘍がありましたが、良性とのことで一安心でした。
十二指腸はストレスでやられるそうです。

さて、今年は初めて人間ドックということで、多少緊張してしまいました。
一部結果は出ていませんが、とりあえず問題なしとのことで、今年も無事一年が過ぎたなと、感謝です。
しかし、内臓脂肪が多いとのことで、食事を今より控えることと、運動をすることを勧められました。

私の会社では、毎年健康診断をやり、40歳以上は二年に一度ドックを受けることになっているそうです。
その規定により今年はドックを受けたのですが、一部個人負担ということで、7,000円(オプションをつけたので、15,250円の支払い)也。
半日ドックは、健康診断と検査項目は殆ど変わらなかったので、少し腑に落ちないところもありました。
しかし、とりあえず健康ということで、お金では健康は買うことができませんので。
ということで、健康バンザイ!ってとこですね。
posted by 中は切っても発出さん at 22:26| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

証券取引法第167条第1項

次の各号に掲げる者(以下この条において「公開買付者等関係者」という。)であつて、第27 条の2第1項に規定する株券等で証券取引所に上場されているもの、店頭売買有価証券若しくは取扱有価証券に該当するもの(以下この条において「上場等株券等」という。)の同項に規定する公開買付け(同項本文の規定の適用を受ける場合に限る。)若しくはこれに準ずる行為として政令で定めるもの又は上場株券等の第27 条の22 の2第1項に規定する公開買付け(以下この条において「公開買付け等」という。)をする者(以下この条において「公開買付者等」という。)の公開買付け等の実施に関する事実又は公開買付け等の中止に関する事実を当該各号に定めるところにより知つたものは、当該公開買付け等の実施に関する事実又は公開買付け等の中止に関する事実の公表がされた後でなければ、公開買付け等の実施に関する事実に係る場合にあつては当該公開買付け等に係る上場等株券等又は上場株券等の発行者である会社の発行する株券若しくは新株予約権付社債券その他の政令で定める有価証券(以下この条において「特定株券等」という。)又は当該特定株券等に係るオプションを表示する第2条第1項第10 号の2に掲げる有価証券その他の政令で定める有価証券(以下この項において「関連株券等」という。)に係る買付け等(特定株券等又は関連株券等(以下この条において「株券等」という。)の買付けその他の取引で政令で定めるものをいう。以下この条において同じ。)をしてはならず、公開買付け等の中止に関する事実に係る場合にあつては当該公開買付け等に係る株券等に係る売付け等(株券等の売付けその他の取引で政令で定めるものをいう。以下この条において同じ。)をしてはならない。(以下略)

問題 主語と述語を挙げなさい
答え ・・・

村上ファンドがインサイダー取引であるという、根拠法ですが、はっきり言って、わかりません。
内容がわからないのではなく、文章が長すぎて、解読することが難しいのです。
これだけの文章で、一文です。
私の文章も長くなりすぎて、わかり辛いとは思うのですが、法律に比べれば、まだましではないでしょうか。
決まりは、みんなが理解することが一番大事です。
難解な文章で、わざとわかりにくくしているとしか思えない決まりでは、守るにも守れません。
一般人はわからないだろう、わかる人だけがわかればいいのだ、という法曹界の人の声が聞こえてきそうです。
posted by 中は切っても発出さん at 21:30| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

望郷列車って知ってますか

今日、会社帰りの車の中で、香田晋のラジオが流れていました。
その番組のCMは、香田の事務所かレコード会社のCMで、演歌のコマーシャルを流していました。
そのナレーションが
”懐かしい匂いがします、「望郷列車」(だったかどうかは忘れてしまいましたが)”
というような感じでした。

私も40歳を超えました。
私が子供の頃、40歳といえばおじさんであり、当然演歌を聞く人、というイメージがあります。
その頃の40歳なら、列車に懐かしい匂いも感じたかもしれません。
しかし、今の40代、50代なんて列車に懐かしさを感じる人なんて少ないでしょう。
私が子供の頃には、電車かディーゼル車が主流でした。
ブルートレインかイベントでしか列車に乗ることがありませんでした。

しかし、今でも演歌の世界では、列車に懐かしいにおいがあるのです。
私が子供の頃から、演歌に登場するアイテムは殆ど変わりません。
かといって、演歌に着メロだのネットだの登場しても、しっくりいかないでしょう。
となると、やはり演歌というものは、長唄や民謡のように、伝統芸能としてしか生きていく道はないのでしょうね。
posted by 中は切っても発出さん at 23:13| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

連休明け

ということで、連休中は疲れました。
今日から仕事でしたが、疲れております。
とりあえず、今日は寝ます。
それでは、また。
posted by 中は切っても発出さん at 00:31| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

オリーブの首飾り・ポールモーリア

今日、家に帰ると、嫁と娘二人が先日テレビ放映されていた「いま、会いにいきます」のビデオを見ていました。
私は、テレビ放映されていたときに、最後のほうだけ見ました。
やはり先に本を読んでしまうと、自分のイメージと違う部分があり、本を読んだ時ほどの感動はありませんでした。

さて、映画も佳境となり、最後のネタばれの場面がきました。
「ここからが、種明かしの場面になるよ」
と、私が言いますと、下の娘(8歳)が
♪ チャラララララ〜ン チャラララララ〜ララン ♪
と「オリーブの首飾り」を口ずさみ、
「マジックの種明かし」と言います。
今時、マジックでこの曲がかかるのか、というより、どこでそんなこと覚えたのだ、と突っ込みを入れたくなりました。

下の娘の感性は少しおかしいことは前からわかっていました。
そのことを再認識した今日でした。

posted by 中は切っても発出さん at 22:38| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

緑の中で歌おう!

昨日は半年以上ぶりのゴルフでした。
元々運動音痴の上、一時のゴルフ熱も冷めていて、最近は年に数回程度しかゴルフに行っていません。
(会員権の金返せ!)
そんなもんですので、当然スコアは惨憺たるものでした。
それでも天気がよければ、気分もすっきりします。
しかし、昨日はしとしと雨が降っており気分は滅入ってしまいました。

山奥のゴルフ場ですので、桜は満開状態でした。
これで、スコアも天気も良ければ最高なんでしょうけど。
ラスト2ホール目のティーショットを打ち終わって、2打目の所までカートで移動の途中でした。
やけっぱちの状態なのか、私は何故か大声で歌を歌い始めちゃいました。

♪ 泣き泣きの一日や 自転車の旅や
  書きあらわせれない だって多いんだもん ♪
さくらんぼを歌い始めました。
一緒に回っていたO野君も(彼も前日午前様で、睡眠時間2時間の最悪の状態)、一緒になって歌い始めます。
♪ 笑顔咲く君と繋がっていたい
  ・・・  あたしさくらんぼ  ♪

傍から見れば、とうとう狂ってしまったかという光景でしょう。
しかし、歌っている本人は結構気持ちが良かったですよ。
屋外で歌を歌うなんて最近なかったですもんね。
しかも、緑の中で歌うなんて、学生時代以来でしょう。
小学校の時の遠足の時には、よくみんなで歌ったんですがね。

最近仕事が忙しく、ストレスが結構溜まっていた私。
そんな状態が今後もしばらく続きそうなんです。
だからこそ、緑の中で歌うことに、ストレスが発散されたのです。
今後、行き詰った時は山の中に行って、大声で歌ってみよう。
posted by 中は切っても発出さん at 20:32| 岐阜 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

歌の良し悪し

昨日エントリーしました「旅立ちの日に・・・」について、某レビューサイトにて以下のような記事がありました。

 川嶋あいという人物がどんな人かはしらないけど、
 これで歌手?
 歌下手すぎる。
 曲はいいのに、自分の声でだめにしてる。最低。
 そんなに知らないなら彼女を知ってから来い、っていわれそうだけど、
 そこまでマニアになる気もないし必要もない。
 ただ初めて聴いた人は、ただの上手い歌手か、
 それとも歌唱力の無い音痴な歌手だけにしかおもえない。


確かに、彼女の歌は上手くはありません。
しかし、上手く歌ってもいい歌と聞こえない曲もあります。
以前、職場の女性がI WiSHの「明日への扉」(旅立ちの日に・・・と同じですわ)を歌いました。
彼女は結構歌が上手いんですが、どちらかというとスナックのチィーママ系の歌い方ですので、「明日への扉」も上手く歌っても、これが少しも我々の胸に届かないんです。

「旅立ちの日に・・・」については、別のブロガーさんが以下のようなことを書かれていました。

 なんだろう。1曲全部聴いた時なんだか心に"どーん"ときた。
 うまい表現方法が見つからないけど,とにかくイイ。
 川嶋の高くて澄んだ切ない声が心にしみて思わず涙でそうに…
 この川嶋の声と歌詞がすごいマッチングしてるんかな。


心に”どーん”とくる曲がいい曲であって、ただ(技術的に)上手ければいい訳ではありません。
フィギアスケートじゃありませんが、芸術点も重要なんです。
ポイントにすらならない、イナバウアが金メダルをもたらすのです。

まあ、良い悪いは人それぞれに感じるものですが、私と考えが少し違ったので書かせてもらいました。
posted by 中は切っても発出さん at 18:28| 岐阜 ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC雑記

奇跡の準決勝進出おめでとう。
3度目の正直で今度こそ韓国に勝利することを祈っています。
でも、2度あることは3度あるだったりして・・・。

王監督の眼鏡オシャレですね。
長嶋さんの眼鏡と似ている感じです。

イチローも結構気合入っていますね。
でも、竹野内豊に似ていると思うのは私だけでしょうか。

日本代表選手でも、知らない名前がちらほら。
昔はどの球団の選手も殆どは知っていたんですが・・・。
私も野球を見なくなって久しくなります。

日本ではオープン戦が行われています。
あと数週間で開幕です。
代表選手はWBCで優勝しようものなら、今年も終わった感じになってしまって、今年は活躍できなかったりして。

野球も関心が薄くなりましたが、相撲はもっと見なくなりました。
今、大阪場所やっているんだっけ。
posted by 中は切っても発出さん at 00:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

成人式に思うこと

今日は成人の日で祝日です。
ハッピーマンデーなるものの為に、私たちの成人の日とは同じ日ではありませんが。
私はちょうど20年前に成人式を迎えたので、まあ、当時のことは忘れてしまいました。

さて、成人式で思い出されるのが、「二十歳の献血」。
当時、ラジオなんかで成人式前後に「二十歳の献血」キャンペーンが、盛んに流れていました。
ちなみに、私は献血が嫌なわけでもありませんが、特にこのキャンペーン時期に献血をしたこともありません。

いつかは忘れましたが、このキャンペーンソングを越美晴が歌っていたことがあります。
越美晴ってご存知ですか?
そう、レッツゴーヤングのサンデーズのメンバーでもあった、越美晴ですよ。
顔も歌い方も結構インパクトがあったので、覚えて見える方も多いのでは。
♪ あなたに 私の赤い血を
  私に あなたの赤い血を ♪
独特の歌い方で、こんな歌を歌われては、献血に行くのに躊躇してしまうのでは、と思った次第です。

ところで、今年も一部の馬鹿者が成人式で大騒ぎをしたそうで。
こんなことでしか自己表現できないなんて、なんとも情けない話ですね。
越美晴は、(私は少し引いてしまいますが)彼女なりに自己表現をしていました。
現在の若者も、少しは見習ってもらいたいもんですね。(オヤジ化した私)
posted by 中は切っても発出さん at 17:47| 岐阜 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

A HAPPY NEW YEAR

謹賀新年
本年もよろしくおねがいいたします

レコード大賞は倖田來未、紅白は白組勝利で終わった2005年でした。
私は、紅白を見終わって、除夜の鐘を撞き、近所の神社へ初詣へ行って参りました。
本年もみんな幸せな年であります様に。
私も、自分のペースで頑張っていきますので、温かい目で見守ってやってください。
つまらないブログですが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

PS.
O川さんへ
除夜の鐘は神社では撞きませんし、103回でもありません。
お寺で、108回撞くものです。
posted by 中は切っても発出さん at 00:39| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

大雪

大雪の為、下り電車が動かず、昨晩から電車の中にいます。
上りの始発が動きはじめました。
既に電車の中に6時間以上います。
今日から三連休だからよかったものの、そろそろ体力も気力も限界です。
まあ、こんな体験滅多にできませんがね。

しかし、いつになったら帰れるのでしょうか?
帰ったら帰ったで、雪かきが待っていますがね。
今年は本当に雪で往生します。
アァ、そろそろ限界です。
さて何時に帰れるか、またご報告します。

以上、大雪で電車が止まっている車中から、中は切っても発出さんがレポートしました。
posted by 中は切っても発出さん at 05:42| 岐阜 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ミキティ、TOYOTAへ

ミキティがTOYOTAへ就職するそうです。
地元企業でもあるので、それはそれでいいのですが、
最近、ここ数年来TOYOTAの戦略が変わりましたね。
以前は、ひたすら車を作って、売りまくっていましたが、
最近は、イメージ戦略に力点を置いていますね。
でも、オリジナリティが感じられず、とにかく目立つことを
しているだけの感じがします。
なにか、巨人を彷彿させます。
posted by 中は切っても発出さん at 13:16| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

あー、楽器やりたい

念願のスウィングガールズをテレビで観ました。
ストーリーは置いといて、とにかくみんなで演奏する姿はいいですね。
ジャズでもロックでも吹奏楽でもいいけれど、とにかく合奏は好きです。
遠い昔に、ブラスバンド部に所属していましたが、それ以降みんなで楽器演奏する機会がないので、非常に憧れちゃいます。

話は変わりますが、我が県では、年に5,6回、青少年のためのコンサート「ホリデーミュージック」が開催されます。(子供無料、大人200円)
ピアノ、声楽、オーケストラ、ブラス等々色々な音楽を楽しめて、お得な催しです。
我が家では、なるべく行くようにしています。(なんせ安い)
嫁はピアノが好きだといいますが、私はやはり独奏よりも、合奏・合唱のほうが好きですね。
色々な楽器、パートが重なって、ハーモニーを奏でるのが好きなんです。

女子高生がジャズバンドという新鮮さもあり、この映画も結構楽しめました。
ウォーターボーイズといささか被ってしまいますが、とにかくみんなで一つのことをやる姿は、とてもいいものです。
あー、本当に楽器やりたくなってしまった私です。

posted by 中は切っても発出さん at 23:32| 岐阜 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

今日は何の日

本日BOOK OFFにて「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDを遅まきながら購入しました。
昨年の夏に、原作を読んで大泣きした私ですが、映画は観ていませんでした。
基本的に映画(ドラマ)は、原作を超えることができない、と思っていた私ですので、あまり期待はしていませんでした。
しかーし、またまた大泣きしちゃいました。
原作は、これから泣いてくださいよ、という流れなんですが、映画のほうはところどころでも泣けちゃいますね。
長澤まさみも良かったですが、大沢たかおがいいですね。(山崎務も相変わらずいい役ですね)
結構映画もいけるじゃん、とこの歳になって思ってしまいました。
これからは、映画も少しずつ観ていこうと決心する私です。

ところで、今日は何の日だと思いますか。
文化の日、それだけではありません。
実は(映画の中での)サクの誕生日です。
今日でサクは36歳になりました。
アキが死んでから19年の歳月が流れたのです。

ということで、またまたセンチになった一日でした。

posted by 中は切っても発出さん at 22:10| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

万馬券ゲット!

ありがとう!ヘヴンリーロマンス!
キミは夏の札幌の連戦を戦ってきたから、勝てたんだよ。
ボクはそんなキミに賭けたんだよ。
本当は馬単にしようかとも思ったけども、そこまでキミを信用していなかったボクを許しておくれ。
次はエリザベス女王杯だろうけども、頑張ってくれよ。
次回も応援するとは限らないがね。(オイオイ)


しかし、3連単120万馬券とは。
はっきり言って、今回のレースはどの馬が来るかは、予想は難しかったですね。
先週のように、頭が決まっていると買いやすいですが、私はゼンノロブロイをそこまで信用していませんでしたから。
今回はヘヴンリー、ハーツクライ、ロブロイ、テレグノシスの4頭を絡めました。
ヘヴンリーは、夏の札幌を連戦した実績を買いました。
しかし、まさか来るとは思いませんでした。
昨年のオークス以来の万馬券ゲット、嬉しい限りです。
posted by 中は切っても発出さん at 16:57| 岐阜 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

ディープインパクト強し!

いやー、強いですね、ディープインパクト。
今回は、とりあえずディープインパクトを絡めて買ったのですが・・・。
平成17年10月23日午後3時43分頃、私は何もせずまま散在いたしました。
次回は天皇賞で挽回いたす所存であります。

ところで、近所にディープインパクトなる風俗店があります。
今日は三冠記念でお安くなっていないのでしょうかね。
posted by 中は切っても発出さん at 19:54| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

私の頭の中の消しゴム

最愛の女性が死んでしまうことは、残された男にとって辛いものでしょう。
(多分)男のほうが、過去に引きずられる傾向が強いですから。
でも、もっと辛いのは、相手は死んでいないのに、自分のことを忘れられてしまうことでしょう。
これは、当然忘れていくほうも大変辛いことです。

さて、私も最近アルツハイマーかと思えるくらい、物忘れが激しくなりまして。
言葉が出てこないんですね。
ホント、怖いくらいです。
一度病院に行くべきでしょうかね。

ということで、普段は映画は見ない私ですが、この映画は見に行きたいですね。
posted by 中は切っても発出さん at 22:32| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。