2005年05月22日

ショック!!!

昨晩、パソコンで音楽を聴いていたら、突然聴けなくなってしまいました。
私はプログラム以外のデータを外部HDにて記憶させていますが、どうもそのHDが壊れた模様です。
泣く泣くHDをフォーマットすることになり、今までのデータが全て消えてしまいました。
ショック!!!!
今後はDVD等へのバックアップを定期的に行わなければいけません。
ブログのバックアップもやりたいのですが、いまひとつやり方がわからずそのままです。
当然このような事態も想定できるのですが、自分にはそんなことは関係ないという、日本人的発想の下何もしなかった自分がいけないのです。
まあ、プログラムが壊れなかったことが不幸中の幸いということで、今後の教訓にしたいと思います。
posted by 中は切っても発出さん at 21:25| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

傭兵

またまた日本人がイラクで武装集団に拘束されたそうです。
今回拘束された人は傭兵です。
しかも、最近までフランス軍の外国人部隊に所属していたそうで、プロの軍人さんです。
昔流にいえば、職業軍人。
日本人の傭兵は結構いるそうで、少し驚きました。
それに比べれば自衛隊なんて遊びみたいなものでしょうね。
自衛隊がどうのこうの言っている間は、まだまだ平和でしょうね。
posted by 中は切っても発出さん at 23:17| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

スローライフと加点方式とJR脱線事故

スローライフとは「効率ばかりを優先した毎日を送る中で忘れてしまった「心とものを大切にした急がない生活」を取り戻す運動」ということだそうです。
私も精神的に忙しい毎日を送っており、メンタルな面の疲れが溜まっています。
♪体の傷なら なおせるけれど 心の痛手は 癒せはしない ♪
とジュリーは歌っていましたが、体の疲れは休めば取れますが、心の疲れはその原因を取り除かなければ取れません。
また、最近は世の中減点方式が主流のようで(芸能界などの特殊業界は除く)、やれて当たり前、やれなかったらペナルティが待っています。
そんな世の中では、スローライフは程遠い世界です。

昨日のJRの脱線事故は本当に心が痛みます。
犠牲者の方は本当にお気の毒です。
テレビや新聞ではその原因を解明しようとしていますが、まだはきりした原因はわかりません。
しかし、直接的原因はまだわかりませんが、間接的に今の世の中が原因ではないでしょうか。
関西地方ではJRと私鉄のスピード競争が激しいそうで、JRは私鉄を圧倒するスピードを売り物に乗客を集めていたそうです。
また、直前の駅でオーバーランをして、ペナルティーを恐れてスピードを出しすぎたのではないかとも報道されています。
スピードとペナルティ、今の世の中を象徴するものでしょう。

私も仕事でスピードを求められています。(別に運転手ではありませんよ)
いくつもの仕事が重なった上に、スピードも必要です。
ちんたら仕事をしていてはだめなのです。
その上ミスも許されません。
ミスなくスピーディーに仕事をする、このバランスが非常に難しいのです。
スピードを求めると、当然ミスを犯す可能性も高くなります。
スピードを出しすぎてのミスは、結構大きなものになる可能性があります。
そして、ペナルティーを課せられてしまいます。
ペナルティーを恐れ、隠蔽工作に走り、もっと大変なことになります。
ペナルティーをちらつかせ、スピードを上げさせると、とんでもない事態が起きる可能性が大きくなるのです。

「スローライフ」が実現できれば、昨日の様な大惨事は起きなかったでしょう。
「スローライフ」では、別に多少時間が遅れても大した影響がでません。
また、減点方式をやめ加点方式にするべきでしょう。
失敗にペナルティーが課せられても仕方ありませんが、評価すべきところは大いに評価すべきでしょう。
そうすれば多少の失敗はすぐにカバーできるので、ペナルティーを気にすることもありません。
もっと「スローライフ」を広めようではありませんか。
減点方式を改めようじゃありませんか。
小泉さん、「スローライフ」と「加点方式」の法制化をお願いします。

posted by 中は切っても発出さん at 23:32| 岐阜 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

たのむよシーサーさん

3日振りに更新しようと書きました。
書き終えて保存をクリック。
画面がなかなか変わらない。
そして・・・更新失敗。
記事も消えてしまいました。
・・・ショック。

仕事関係の知り合いのIT関係者が言うには、現在ブログは500万以上あるとのこと。
そして、今後も増える見通しだそうです。
まあ、殆ど動いていないブログも相当数あるようですが、それにしても凄い数です。
ということで、シーサーさん、タダで利用させてもらっているので申し訳ありませんが、このようなブログ業界ですので、もう少し不具合を減らしていただきたいです。
頼みましたよ、シーサーさん。
posted by 中は切っても発出さん at 22:29| 岐阜 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

年度末

いよいよ、平成16年度も今日で終わり。
いわゆる年度末です。
今までジャンバーを着て通勤していましたが、さすがに4月になってジャンバーを着ているのもみっともないので、昨日からジャンバーは着ていません。
いよいよ平成17年度も始まります。
また、初心に戻って頑張ります。
年度替りは気持ちも切り替えることが出来るので、心機一転ですね。
このブログも一層充実できればいいなと思っております。
posted by 中は切っても発出さん at 00:09| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

愛知万博意外と不入り

この週末、天気もいまひとつだったせいか、愛知万博も入場者がいまいちだったそうです。
元々何故万博が開催されるかも私は知りません。
名古屋はオリンピックが開催できなかったので、その代わりに万博でも、という感覚でしょう。
しかし、いまさら万博という感じはします。
オリンピック、万博等は高度成長の証であり、いまさら日本で開催する必要もないと思います。
結局、万博景気期待の地元財界の思惑があるのでしょうが、時代遅れのような気がします。

もう少し他に気が利いたことが出来なかったのでしょうか。
●イチローをドラゴンズに入団させる
●東京都に先駆けカジノを開設する
●名古屋を非関税地域にしてしまう
●ハリウッド並みの映画地域を作る
うーん、どれもイマイチでした。
posted by 中は切っても発出さん at 22:39| 岐阜 ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

買っちゃいました

とうとう買ってしまいました。
マイボール・マイシューズを。
そうです、ボーリングのボールとシューズとバックの3点セットを買ってしまいました。
2年前の4月からボーリングを始めましたが、やはりハウスボールやシューズでは自分の型が出来にくいのです。
そう思って、買ってしまいました。
でも、3点セットで11,000円は安い!
今日、初めて使いましたが、なかなか使いにくかったです。
慣れるまで4ゲームほどかかりました。
やっと、5,6ゲームで調子が出てきて、180前後が出ました。
この3連休にもう一度行ってしまうな。
posted by 中は切っても発出さん at 23:59| 岐阜 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

春眠暁を覚えず

とはいうものの、年がら年中暁を覚えずの私です。
最近”老い”を充分感じていますが、眠気だけは子供のように満タンです。
ということで、おやすみなさい。
posted by 中は切っても発出さん at 23:14| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

ほりえもんと団塊の世代

テレビの世論調査で、ほりえもんを支持するかしないかの項目で、団塊の世代のほりえもんの支持率が高いそうです。
インタビューを見ていますと、団塊の世代の人たちは、ほりえもんの支配層への抵抗姿勢を支持しているみたいです。
団塊の世代は、学生運動真っ只中の世代でして、権力に対して抵抗することにノスタルジーを感じているようです。
自分の青春時代をほりえもんの行動に見ているのでしょう。

しかし、ほりえもんはそんな権力に反抗するために行動はしていないでしょう。
そんな正義の為に行動はしていないでしょう。
市場原理に則り、利益ある行動をとっているに過ぎないのです。
それが、良いか悪いかは別問題ですが。

昨日の千葉県知事選挙で森田健作さんは惜しくも落選でした。
彼のHPを見ますと、今回の知事選の政策は
1.日本一安心・安全な千葉に!
2.「東京湾アクアライン」通行料を800円に
3.全ての親が安心できる小児救急医療体制の確立を!
を3本柱にしています。
2.については他県の人間にとってはピンときませんが、1.3.については全国何処でも問題になることです。
まあ、どの政策を見てもいまひとつ目新しいものはないでしょう。
でも、彼は元来の青春熱血キャラで善戦しました。

森田健作も団塊の世代です。
どうも団塊の世代の人は青春を引張り気味のように見えます。
確かに団塊の世代は、青春時代のエネルギーをその後も持ち続け、好景気の原動力となりました。
しかしその力は、どこかに歪が生じて動かなくなったときには対処が出来ないものでした。
彼らのエネルギーは前進あるのみだったのです。
前進のために、学生時代は時の権力に対して反発し、会社人間になれば会社のために邪魔なものは排除しました。
だから、学生時代に反権力者の立場の人も、最後には権力者側になり、学生時代どおりのエネルギーで突っ走ってしまったのです。

団塊の世代も森田健作も青春臭さが残っており、自分たちの考えなくしてただひたすら走ってきたとしか思えません。
ほりえもんは、ひとつのポリシー(金儲け)に従い行動しています。
団塊の世代は行動が先にあり、ポリシーは後からついてくる、ほりえもんはその逆だと思うのです。
ほりえもんは目的達成のためには自分の行動も簡単に変えるのではないでしょうか。

団塊の世代の方はほりえもんに共感を持って見えるようですが、ほりえもんから見れば”うざい”と感じているのではないのでしょうか。
posted by 中は切っても発出さん at 23:45| 岐阜 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

消えた昭和・半ドン

今日の朝刊の「文芸春秋」の広告の「消えた昭和」という見出しに目がいきました。
私は当然昭和生まれですし、学生時代は全て昭和、会社では最後の昭和入社の世代です。
故に「昭和」=「楽しかった学生時代」、「平成」=「辛いサラリーマン時代」という図式が成り立ってしまいます。
「昭和」にノスタルジーを感じているのです。

その「消えた昭和」特集では二十人程の人が寄稿しています。
佐藤愛子・蚊帳、泉麻人・駄菓子屋、阿久悠・給料袋等。
その中で私は深田祐介の「半ドン」に目がいきました。
「半ドン」つまり半日で仕事が終わることですね。
たいてい土曜日は半ドンでした。
4年ほど前まで学校は半ドンでしたが、完全週休2日の会社が多くなりました。

私の会社も、私が入社した頃は第1・4.5土曜日は半ドンでした。
半ドンでも12時仕事が終わるわけではありませんが、平日よりは当然早く終わりますので、仕事帰りに遊んでいくことも出来ました。
会社の先輩方とゆっくり食事をし、酒を飲み、交友を深めることが出来ました。
結構半ドンは楽しみでした。

昭和が終わり、平成になった年から私の会社は完全週休2日となりました。
はじめは週休2日なんて、なんて幸せだろうと思っていました。
しかし、休みが増えてもひと月にやらなければいけない仕事の絶対量は減ることはありません。
結局、平日に仕事はしわ寄せされ、平日に早く仕事が終わる日は少なくなりました。
土曜日って、結構昼から落ち着いて仕事が出来たので良かったのです。
今でも仕事が忙しいときなどは、土曜日出勤したい気持ちになります。

また、半ドンがなくなり、平日は忙しくなり、会社の仲間たちとのみに行く機会も減りました。
まあ、今の若い人たちは会社の人と飲みには行きたくないでしょうがね。
でも、あのようなコミュニケーションも少しは必要だと思うのです。

しかし私も週休2日に慣れ、それが当たり前になってしまいました。
また、土曜日は半ドンとなればそれはそれで嫌でしょうね。

ということで、私にとっても「半ドン」は昭和とともに終わったのでした。
posted by 中は切っても発出さん at 22:49| 岐阜 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もちもちの木

小学校3年生の娘が国語で「もちもちの木」を習っています。
私も小学校のときに読んだことがあります。
私は教科書ではなく、児童書として読みました。
30年経っても同じ物語を読んでいることに、少し感動を覚えました。

確かに今も昔も変わらずに読まれる本や、聞かれる音楽はあります。
私のブログで書いている音楽も、基本的には今聴いても絶対いい曲を書いているつもりです。
何十年経っても読まれたり聞かれたりする作品は、作者冥利に尽きるでしょう。
たくさんの「もちもちの木」がこれからも生まれるといいなと思います。
posted by 中は切っても発出さん at 00:23| 岐阜 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

宇宙戦艦ヤマトとパチンコ

会社帰りにちょっとパチンコへ。
年末から少しパチンコにはまっていまして、お気に入りは「大ヤマト2」。
宇宙戦艦ヤマトをキャラクターにしたパチンコ台です。
このパチンコ、爆発力がありまして人気機種です。
逆にハマルと大きく、数万円をすってしまうこともザラにある機種です。
大当たりになると
♪ さらば〜 地球よ〜 ♪
とあのテーマソングが流れます。
うーん、実に快感ですね。

今日は大爆発しました。
怒涛の11連ちゃんでして、無茶苦茶割のいいバイトになりました。
このパチンコ台、10連ちゃん以上すると大当たりの画面が通常のものと違うのです。
セピア色の画面になり、少し物悲しい感じの映像になるんです。
いやー、今日はその映像をはじめて見ることが出来て、大満足でした。
以上、パチンコネタでした。
posted by 中は切っても発出さん at 23:20| 岐阜 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

窓から老婆が見える

昨日ラジオの芸能ニュースで、万引きタレントの母親が女優であったと報じていました。
「母親は80年代に活躍した元女優の中山貴美子で」<ラジオ>
(うーん、そんな女優いたかな、名前だけの女優じゃないか)<私>
「版画家の池田満寿夫さんの監督作品『窓からローマが見える』のヒロインを演じ・・・」<ラジオ>
(あー!いたいた!中山貴美子か!)<私>
てな感じで思い出しました。

映画をあまり観ない私が、何故この映画を覚えていたのかというと、映画を覚えているというかタイトルが忘れられないのです。(実際映画は観ていません)
またまた、「軽シン」ネタになってしまいますが、「軽シン」の中での久美子のセリフ
「窓から老婆が見える」
というのが、いまだに頭から消えることがないので、このセリフの元ネタ「窓からローマが見える」もインプットされているのです。

いつまでたってもくだらない事は忘れることの出来ない私です。
(「軽シン」を知らない人はわけがわからずゴメンナサイ)
posted by 中は切っても発出さん at 09:28| 岐阜 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

ZZZ・・・

眠い。
春が近いので眠いわけではない。
ただ単に仕事から帰るのが遅いからだ。
仕事中も眠たくなる。
ZZZ・・・と一眠りしたい。
ということで、今日はおやすみなさい。
posted by 中は切っても発出さん at 23:24| 岐阜 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

結婚記念日

今日は結婚記念日ですので、久し振りに名古屋へ出かけて食事でもします。
それだけ。
では、明日。
posted by 中は切っても発出さん at 14:11| 岐阜 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

ラジオとインターネット

あのホリエモンがニッポン放送の筆頭株主になったそうです。
そういえば、プロ野球参入に敗れたとき、別の秘策を練っていると言っていましたが、このことだったのか。
今、報道ステーションに出演して言っていました。
「ラジオとインターネットの利用者は被るものがある」と。
以前39bonさんが、かつてのラジオのハガキ職人がブログのコメント職人にかわった、と書いておられましたが、ホリエモンも同じことを感じていたのでしょうか。
ということで、今日はそれだけ。
posted by 中は切っても発出さん at 22:37| 岐阜 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

1/12が過ぎました

明日で1月も終わりです。
今年も1/12が過ぎてしまいます。
毎年、1月は年明けでバタバタして終わってしまいますが、
そんな1月でも1ヶ月は1ヶ月です。
一年で、長く感じる月もあれば、短く感じる月もあります。
「時の過ぎゆくままに」暮らしている私ですが、
今年はいよいよ40歳になります。
現役の中間地点を過ぎようとしています。
とは言ってもあせらずに「時の流れに身をまかせ」つつも、
充実した時間を過ごせるよう、努力だけはしていきたいと思います。
posted by 中は切っても発出さん at 20:55| 岐阜 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

純文学は病んでいる・石原発言について

石原都知事が、今回の芥川賞について辛辣なコメントをしておられます。
<「これは幼児偏愛の話。非常に安っぽい小説で私は全然評価しなかった」
私はまだ読んでいませんのでなんともいえませんが、石原さんの発言は一寸疑問が残ります。
幼児寵愛=ロリコンだとすれば、ロリコンがいけないのでしょうか。
まあ、確かに世間一般の男性の中では少数派でしょう。
しかし、それ自体がおかしいかどうかはわかりません。

芥川賞=純文学ですが、元々純文学の作品では、世間では少数派の人を描いた作品が多いのではないでしょうか。
昨年の「蹴りたい背中」の女子高生にしても、ある種性(相対的に)格異常な女の子でしょう。
芥川龍之介にしても「羅生門」なんて、死人の毛を抜いてかつらを作っているなんて、現在では少々病的な人の話です。
ある評論家が書いていましたが、”現在病的な人物以外を扱う純文学は、大江健三郎以外いないのではないか”と。

まあ、確かに普通の人の普通の生活を描いたところで、あまり小説にはならないでしょう。
だから、小説(特に純文学)は特殊な人物・事柄を題材にしてしまいます。
そして、その特殊人物の心情を描くのではないでしょうか。
石原さんご自身も、当時としては(ある意味)普通でない人を描いて芥川賞をお取りになったのに、あの発言はいかがなものでしょう。
私は”純文学は病んでいる”ものの物語だと思いますがね。
posted by 中は切っても発出さん at 23:23| 岐阜 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

今年も春から・・・

正月気分も抜け、通常モードに入っていますが、なかなか調子が取り戻せません。
世の中も、あまり明るいニュースがなくて、困っちゃいます。
特に、正月に神社や露店で偽一万円札が使われたとのことで、その数は400枚以上とか。
カラーコピーを使ったものらしいけれども、日銀も何か対策を採らないとね。
今日、ニュースでやっていたけど、住民票や印鑑証明のように、コピーをすると違う文字が浮き出る印刷を使えばいいのにね。
日銀曰く
「皆さんが気をつけて下さい」
だとさ。
今年も春から役人の無神経さにヘキヘキしてしまいました。
posted by 中は切っても発出さん at 23:32| 岐阜 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

おたくと犯罪

奈良の小学生殺人犯が捕まりました。
はっきり言って、言語道断のとんでもない野郎です。
報道によると、カメラ付携帯に執着していたらしく、メールやゲームにも没頭していたらしいです。
そしてお決まりの異常な性への執着があるそうです。

このニュースで思い出されるのは、15年以上前に起こった連続幼女殺人です。
犯人のMは今回と同様に、異常な性癖を持つ男でした。
Mの部屋の中には、ロリコン関係やホラー関係の本やビデオがありました。
いわゆる「おたく」でありました。
そして当然のように「おたく」は異常者かのように見られるようになりました。
「おたく」=あぶない人、の図式が成り立ちました。
この時、Mを擁護したのが大塚英志でした。
彼は、Mの犯した罪は大変なことであるが、「おたく」だから犯罪を犯したのではないと主張します。
まあ、Mの擁護というより「おたく」の擁護をしました。

昨年、テレビでもお馴染みのW大のU教授が、痴漢行為で逮捕されました。
彼の部屋には、セーラー服を着せた女性の写真などがあったと彼の性癖が報道されました。
裁判で彼は性癖は認めるものの、痴漢行為は否定しています。
確かに、異常な性癖を持つものが犯罪を犯すとは限りません。

モーゼの十戒の中に
”汝姦淫するなかれ”
とありますが、我々凡人にはなかなか神のような精神を持つことは出来ません。
当然各個人に其々の性癖があるわけで、ロリコン趣味が悪いとはいえません。
たとえ正常な性癖の持ち主でも、性犯罪等を犯す可能性はあるのです。
己の欲求をどのように満たすかが問題であり、社会の法を犯してまで欲求を満たすことがいけないのです。

これで益々「おたく」の肩身は狭くなるでしょう。
しかし、その人の趣味・嗜好が罪ではなく、その行動が法を犯すときに罪になることを、とりあえず頭の片隅には入れておきたいものです。
posted by 中は切っても発出さん at 21:52| 岐阜 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。