2004年08月11日

連続金メダルを目指せ・谷亮子

いよいよ、アテネオリンピックが始まります。
サッカー、女子マラソン、女子バレー、競泳等々メダルの期待できる種目が沢山あります。
その中でも、柔ちゃんが2大会連続金メダルが取れるかどうかが注目です。

谷亮子、柔ちゃんと呼ばれていました。
確かオリンピックは4回目だったと思います。
最初の2回は銀メダルだったけど、その間に負けたのはそのオリンピックの決勝戦だけなんて、物凄いことだと思います。
確かに彼女は強い!

しかし、彼女がメジャーになった頃、当時の漫画の主人公にあやかって、柔ちゃんと呼ばれたときには、私は無茶苦茶抵抗を感じました。
ビックコミックスピリッツの連載漫画「YAWARA」の主人公、柔ちゃんはかわいい女子高生でした。
確かに谷さんも当時は女子学生でしたが、似てないにも程があるものでした。
頭のチョンボだけは同じでしたが、それ以外は全く別人。
しかも、柔道だけの亮子さん、という感じ。
そう思ったのは私だけではないと思います。
まあ、彼女も人妻になり、最近「柔ちゃん」と呼ばれることも少なくなったので、よしとしましょう。

まあ、とにかく頑張って、金メダル取ってください。
旦那さんも頑張って夫婦で金メダル期待しています。

(余談だが、テレビアニメの主題歌は永井真理子の「ミラクルガール」だったと思います。歌も彼女のイメージには合わないと思うなぁ。) 
posted by 中は切っても発出さん at 22:52| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月07日

甲子園アイドル・バンビ坂本

今日から、夏の甲子園が始まりましたね。
最近、全く高校野球を観なくなりまして…。
昔は、ほとんど毎試合観ていたんですがね。
そんなことで、今日はバンビ坂本のことを書きます。

バンビ坂本、本名坂本佳一。
googleで検索しますと、本名でのヒット数より、バンビ坂本でのヒット数が多いのです。
故に、バンビ坂本と呼ぶこととします。
昭和52年の夏の大会の準優勝校、愛知・東邦高校のエース。
しかも1年生。
はっきり言って、ナヨナヨした感じのある少年で、他の選手のようにゴツくない。
しかも、決勝では延長サヨナラホームランを打たれ、惜しくも準優勝という悲劇のヒーローみたいな感じでした。
その為、もう甲子園のアイドルになり、女の子の人気bP。
多分、本人は鬱陶しかったとは思われる程のフィーバーでした。
結局、肘を痛めてその後甲子園に帰ってくることはありませんでした。
そんなところが、悲劇のヒーローの色を濃くしたんでしょうけどね。
その後、法政大学、NKKにて野球を続けていたようですが、今はNPO法人の理事長として、野球を通じての社会貢献活動をされているみたいです

甲子園のアイドルは前にも後にもいました。
太田幸治、荒木大輔…。
しかし、プロ野球で活躍していない甲子園のアイドルで、今でも思い出されるのは、バンビだけでしょう。
今年の甲子園ではどんな選手が話題になるのでしょう。

続きを読む
posted by 中は切っても発出さん at 12:13| 岐阜 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

不二家歌謡ベストテンとブライボン・ロイジェームス

外国人のくせにやたら日本語が流暢な外国人として一番に思い出すのが、ロイ・ジェームス。
彼は、へそがないという噂もあり(どうも手術の関係で本当になかったらしいが)、少し怪しい外国人だった。
(実は、東京生まれの東京育ちのため、べらんべえ調の日本語を喋るのも当たり前だが)

歌謡曲関連の本を読んでいたら、不二家歌謡ベストテンの話が載っており、彼のことを思い出した。
番組は番組名の通りベストテン番組であり、自分のお気に入りの歌手の歌のランキングに、一喜一憂していた。
ロイジェームスは単なる曲紹介ではなく、自分なりの意見も加えており、なかなか聞き応えがあった。
しかも、彼の声は安定感があり、今の若造DJとは比べられない。

また、彼は床洗剤のブライボンのCMにも出ていた。
他のCMにも出演していたとは思うが、なぜか「ロイ・ジェームス=ブライボン」の思考回路が私の頭の中に出来上がっている。
また、当時の友人たちも、結構ブライボンのCMを話題にしていた記憶がある。
ある意味、ブライボンのCM効果は大きかったのだろう。


続きを読む
posted by 中は切っても発出さん at 14:08| 岐阜 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月02日

彼らは本物か・爆笑問題

タモリ、たけし、さんま、…日本を代表する芸人さんたち。
爆笑問題も、あと少しでこの領域に達することができるのではないだろうか。
いや、ぜひなってほしいと私は思う。

彼らをはじめて知ったのは、「ボキャブラ天国」を見ていてだ。
はっきりいって、直球ストレートのオーソドックスなボケとツッコミ。
太田のボケも笑いのツボを突っつくような鋭いものである。
しかし、田中の絶妙なタイミングのツッコミが、太田のボケを引き立てている。

「ボキャブラ天国」では多くのお笑い芸人が、売り出された。
しかし、どの世界でも同じで、実力のないものは淘汰される。
勢いで売り出しても、そのうちに消え去っていく。(つぶやきシローのように)
爆笑問題には実力があると私は信じている。
ぜひ、日本を代表する芸人になってほしい。

続きを読む
posted by 中は切っても発出さん at 20:47| 岐阜 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月31日

永遠の女子高生クラブ・おニャン子クラブ

以前もおニャン子の歌を紹介したことがあるが、実は彼女たちの大ファンだった。
お恥ずかしい話だが、こニャン子クラブ(ファンクラブ)の会員でもあった。
皆さんもご存知かと思うが、おニャン子クラブを強制退学させられた人がいる。
喫煙写真を週刊文春に掲載されたためである。
今のアイドルからすれば、本当のニャンニャン写真でもないので、大したことではなかったが、現役女子高生ということで、番組開始約半月で姿を消すことになる。
その中の一人、会員番号2番・榎田道子と高校時代同級生だったという人のブログを発見、びっくりした。
実は当時、榎田路子という同じ名前で字が一文字違うアイドルもいた。
おニャン子の榎田もかわいかった。

私たちおニャン子世代としては、永遠の素人女子高生クラブであるおニャン子クラブについては、今後とも語っていく予定だ。
posted by 中は切っても発出さん at 19:17| 岐阜 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月27日

ミスター・長嶋茂雄

数年前、会社帰りに駅で、巨人軍の選手団とすれ違ったことがある。
オープン戦のため、こんな田舎に着たわけであるが、オープン戦と言えども、一軍選手が勢ぞろいだった。
清原もいる、松井もいる。
さすが野球選手、みんな体がでかい、あの仁志でもでかく感じた。
それでも一番目立っていたのは、選手の先頭に歩いていた、当時の監督・長嶋さんだ。
現役時代はそのパフォーマンスがあまり好きではなかった。
しかし、そのパフォーマンスもファンのためである、この人は本当に野球が好きなんだ、ということを理解するにしたがって、私は彼を好きになっていった。
やっぱり、彼はミスターだ。
ミスター巨人軍ではなく、ミスターなのだ。
存在自体、オーラがある人だ。
徳光さんが崇拝する気持ちもよく分かる。
彼を見たその日は、夜遅くまで興奮が冷めなかった。

余談だが、その時の巨人の選手はどうも普通電車にのってきたようだ。
他の、乗客もさぞびっくりしただろうし、異様な雰囲気だったろう。
普通電車で来るくらいなら、新幹線の駅からバスで来ればよい、と思うのは私だけだろうか。
posted by 中は切っても発出さん at 00:04| 岐阜 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月24日

インテリいじめられっ子・森永 卓郎

最近、露出度の高い経済アナリスト、森永卓郎。
よく「TVタックル」で、ハマコーにいじめられている。
ハマコーにどれだけ恫喝されても、泣きそうな顔して反論する彼を見ていると、味方したくなる。
東大卒の理論経済学が専門の彼、当然私達一般人から見えば、インテリジェンスな人である。
今までのインテリは、ハマコーみたいなガラの悪い人なんて相手にもしないのに、彼は一生懸命ハマコーにはむかっている。
子犬(そんなかわいいものでもないが)がブルドッグに挑んでいる感じである。
彼の意見が全く正しいとも私は思えないが(特に対米について)、非常に好感の持てる人である。

彼は、くだらない玩具などの収集家でもあり、将来博物館を作るのが夢だとか。
見るからにオタクであるのが、同じアナリストでも手鏡を持ち歩く、○草さんと違って、親近感を覚える。

森永さん、300万円で生活して、早く貯金をためて、博物館を建設してください。

続きを読む
posted by 中は切っても発出さん at 02:03| 岐阜 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月19日

私は安尾です、か?

今一番大好きな吉本の芸人。
あの、とぼけた顔にとぼけた台詞。
「私、こういうもの(警察手帳を出し)です、か?」
「きくなよー」
「あなたは、こちらのご主人です」
「そこは、きけよー」
文字にしてしまうと、なんともおもしろくもない台詞だが、彼のとぼけキャラにより、おもしろさが倍増する。
また、辻本茂雄とのコンビネーションが抜群。
小枝の物まねも冴えている。
まだまだ、新喜劇は内場勝則や辻本茂雄がメインですが、近いうちに安尾君がメインになる日も来るでしょう。
続きを読む
posted by 中は切っても発出さん at 17:46| 岐阜 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸能人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。